Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東海大相模 有馬信二監督【後編】「ピッチ上で選手たちを輝かせたい」

配信

高校サッカードットコム

 神奈川県相模原市にある「東海大相模」こと、東海大学付属相模高等学校。日本オリンピック委員会会長・山下 泰裕氏(1984年ロサンゼルス五輪無差別級金メダル)や井上 康生・日本代表監督(2000年シドニー五輪100kg級金メダル)らを輩出した柔道部や、原 辰徳・読売ジャイアンツ監督や菅野 智之投手(読売ジャイアンツ)などを生み出した野球部が全国的に有名である。 【フォトギャラリー】東海大相模  そんな東海大相模で近年めきめきと実力を上げているのがサッカー部。2017年に初のインターハイ出場を果たし1勝をあげると、2019年にも2回目のインターハイ出場。2018年には左SB・山口 竜弥がJ1・ガンバ大阪に、翌年にはMF中山 陸がJ2・ヴァンフォーレ甲府に入団するなど選手育成でも大きな成果をあげている。  では、東海大相模サッカー部は群雄割拠ひしめく神奈川県高校サッカー界で、なぜここまで躍進を遂げているのか?前後編の前編ではは2011年度からサッカー部を率いる有馬 信二監督に、成長の歴史やサッカーコンセプト、そして新チームの今とこれからを聴いた。チームコンセプトと、トレーニング方法などについて語ったもらった前編に続き、後編では2名のJリーガー誕生までの逸話。そして今年のチームへの想い、夢について話してもらった。 ~中山 陸(ヴァンフォーレ甲府)山口 竜弥(ガンバ大阪)の東海大相模時代~   今でこそJリーガーになった中山 陸ですが、実はSC相模原のU―15チームに所属していた中学2年までは目立たない存在だったんです。でも、僕の息子・和希(現:産業能率大2年)と中山は同じチームで仲がよかったんです。そこでたまたま彼のプレーを見てみたら姿勢がいいし、ボールの置き所もいい。簡単な動作で難しいプレーもできる。すぐに「東海大相模に来てほしい」と思いました。案の定、3年生になると中山 陸は抜けた存在になったんですけど、無事に入学する運びになりました。  彼は高校でもサッカーを柱にして生活していましたし、インターハイでの悔しさを経て2年秋のU-17関東トレセン後には見違えるようによくなった。想像を超えるような出来になって、1月に御殿場でやった「裏選手権」後にヴァンフォーレ甲府さんから正式オファーを頂いて。キャンプに参加・特別指定選手になった流れです。  ガンバ大阪に2018年から所属している山口 竜弥も川崎市の大豆戸FC出身です。荒削りで左サイドバックを務めていた時も攻撃のことばかり考えていた選手でしたが、左足のパワフルなキックは魅力。かつ繊細だしスピードもある。そして負けず嫌い。入学した時から成長が楽しみな選手でした。  ただ、当時の竜弥は考え方が幼い部分があって、高校2年の途中までは監督としては試合に出したいけど、教員としては試合に出せないような出来事があって、僕の怒りを買って大事な試合でことごとく試合に出ていないんです。でも「山口でも規律を破ったら試合に出られないんだ」ということをみんなに理解してもらうためにも、それは必要だったんです。山口自身も私が担任になった3年になってからはサッカーに対して全てをかけるようになって、インターハイ初出場で1勝をあげる原動力にもなってくれました。  この2人が高卒でJリーガーになった意味はチームにとっても大きかったです。「このくらいやらないと、山口さんや中山さんを超えないとJリーグに行けない。超えればJリーグに行ける」という指針ができた。ですから、今の3年生は「陸さんを超えるぞ」ということはよく言っていますね。 ~「想いが強い」2020年度・東海大相模サッカー部へ~  昨年、東海大相模は2年生中心で2度目のインターハイに出場したんですが、初戦アディショナルタイムで尚志(福島)に敗れました。そこで感じたのは「ゴール前の3分の1で仕事ができる選手が必要だな」ということです。僕は本来は中盤でパスをつなげる選手が好きなんですが、ゴールを決まるプレーがないと全国では勝てない。ですので、インターハイから返ってきた後はゴール前での攻防が生まれるトレーニングをずっとやっていたんですが、チームとしても「2点目」が取れない。ストライカー的な選手、少なくともセカンドストライカー的選手がいないと勝てないということがはっきりしました。

【関連記事】