Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

目ヂカラを左右するのは眉!旬な美人見え眉の作り方・正解【40代メイク】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

顔のあかぬけ感を最も左右する眉も、目ヂカラアップに欠かせないパーツ。旬の美人見え眉になる秘訣を中山さんがアンサー! 【写真】40代の最旬メイクアップニュース一覧 ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん その時々の旬を絶妙に取り入れたナチュラルキュートなメイクで大人気。モデルや有名人からの指名も多数 Q1.眉の終点は、長め? 短め? A.目の幅よりも、5mm長の範囲内と心得て 「眉の長さはやや短めが若々しくあかぬけるポイントです。目安は、目幅よりほんの少しだけ外側に伸ばした長さ。長めの眉は男っぽく見えたり、老けて見えたりするので注意」 眉は、毛の密集しているところからスタートしたら、最初に眉下を決めると描きやすい。特に眉山下はえぐれている人も多いので、大地と並行を意識しながら、眉じりへ。長さはアイラインで描いた眉じりよりも5mmほど外側に出すくらいを目安に。

Q2.太さは、太め? 細め? A.自眉の太さを生かしつつ、やや太めを目ざして 「“ちょい太”眉がやはり今風。毛が密集している地眉の太さを生かしながら、細めになりがちな眉山下や眉頭の上側に太さを足すように意識しながら、描くと旬の太眉に近づきます」 眉頭の上側にも太さをプラス。でも、眉頭はあくまでも薄くふんわりが鉄則。密集地点から眉じりまで描き終わってから、眉頭は再び密集地点から眉頭方向に向かって徐々に描き足すのが正解。

Q3.完成度をより上げるコツは? A.眉上のうぶ毛のみ処理すると洗練度アップ! 「眉は基本的に切ったり抜いたりはせずに、もともとの眉毛を極力生かすのがポイント。ただし、眉毛の上側のうぶ毛はすっきり処理したほうが、洗練された印象になります」 眉毛まわりのうぶ毛処理は電動シェーバーが簡単で便利。眉の上側のうぶ毛やまぶたのムダ毛は、シェーバーで処理を。

肌の凹凸に合わせてヘッドがスイングしながら密着。うぶ毛もキレイにカットし、あかぬけ眉に。丸い刃先で肌を傷つけない配慮も。ES-WF61-P(ピンク) フェリエ フェイス用(オープン価格)/パナソニック 撮影/向山裕信(vale./人物) 山口恵史(物) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/程野祐子(人物) 山本瑶奈(物) モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃

【関連記事】