Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

貨物船座礁「サンゴなどに今後もダメージ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

インド洋モーリシャス沖で日本の貨物船が座礁し油が流出した事故で、現地に派遣された専門家らが会見し、「サンゴなどに今後も大きなダメージを与える」との認識を示しました。 座礁した貨物船「WAKASHIO」から大量の重油が流出してから1か月近くがたちました。現地を調査している専門家によると、サンゴは死んでいないものの、船が座礁した付近では船が波に揺られて海が濁りサンゴのストレスとなっていて、今後、海水温が上昇していくとさらにストレスが高まると予想しています。 一方、マングローブ林では「呼吸根」とよばれる根の部分に油が付着した海藻などが流れこみ積み重なっています。この状態が続くと、マングローブが呼吸できずに枯れたり、油の毒性で腐敗したりする可能性もあるということです。 現地では、海藻などを除去し、油が海に流出しないようオイルフェンスを設置する作業が行われていて、専門家は、マングローブ林内の除染作業を進める考えです。

【関連記事】