Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ケレン味のない逃げ 越後制圧ケンシンコウが裏付けたもの【レパードS回顧】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 昨年までの過去10年の勝ち馬を見ると、前走ジャパンダートダービー組が5頭、そしてユニコーンS組が3頭。条件戦を勝ち上がってまだ底を見せていない馬の参戦も多いが、やはりハイレベルな戦いは馬を強くするものであり、今年もまたそれを裏付ける結果となった。 【買い目画像】レパードS・エルムSで公開した厳選プロ6人の勝負馬券  ケンシンコウは、スタート直後は外の馬の出方を窺っていたが、行きっぷりが良かったこともあって1コーナー過ぎからハナに立つ形。行った者勝ちの高速ダートであったにしろ、逃げて直線でも後続を突き放してのレコード勝ちには恐れ入った。中間の坂路での動きも力強く、まさにユニコーンSの経験を糧として強くなったと言えるだろう。気性的に難しい面があったことと、ここ2走が控える競馬で結果を出していたために、印は回せなかったが、ハナへ行って勝たれたこと自体は十分に納得できる。  2着ミヤジコクオウは、速い流れでの追走にも対応し、上がり3ハロンは最速をマーク。前走のジャパンダートダービーでは人気を裏切る形となったが、ナイターや馬場などの環境に対応できなかっただけであり、世代ダートのトップレベルの力は改めて示したと言える。  3着ブランクチェックは、好位から上手な立ち回りを見せていたが、最後は経験の差も出たか。距離も現状では微妙に長かった感を受けた。  4着デュードヴァンは、新潟コースを意識してか、いつもよりも前目で運んでいたが、結果的には脚を溜められなかったか。もう少しメリハリの利いた競馬が理想だろう。  5着ニュートンテソーロは、後方から直線でよく差を詰めており、ブリンカーの効果はあった。自己条件なら勝ち負けのレベルだろう。  ラインベックは、ハナへ行く気もなく好位で控える形だったが、それでも少しオーバーペース気味で、流れ込んだだけだった。

【関連記事】

最終更新:
優馬