Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10万円の給付金で何買った?「親孝行」断られて気づいた使い道 両親安心させるため…行き着いた「投資」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

新型コロナウイルスの拡大感染を受けて生まれた「特別定額給付金」。1人あたり一律10万円という給付は、受け取る人の経済状況だけでなく、その人の価値観などによって、使い道の選択肢が無限に広がります。在宅ワーク、学校のオンライン授業など、新しい生活に向き合わなくてはいけなくなった中、世間の人たちは一体どんなものに給付金を使うのでしょうか? 東京都に住む小林さんが最初に考えたのは、体が不自由になった親への贈り物でした。ところが、いざ、買おうとすると思わぬ事態になり……。「特別定額給付金」をきっかけに見つめ直すことになった親子の関係について聞きました。 (ライター・安倍季実子) 【画像】「絶対にアクセスしないで」さっそく現れた給付金詐欺 注意呼びかける「日本の悲しい現実」

ずっと心にあった「親孝行がしたい」

小林純子さんは都内にある医療系メーカーで働く40代の女性。今回の緊急事態宣言発動中は、通常通り週5日出勤していた。 「旅行業や飲食業などは不況の第一波のタイミングで大きなダメージを受けていましたが、私たちの業界は通常運転という感じでした。場合によっては、いつもより忙しい部署も。なので、ここ3ヶ月くらいはずっと世間とのギャップを感じていましたね。会社がダメージを受けていないので、私個人としてもこれといった変化は特にありません。また、本業とは別に、2~3年のうちにエステ業界(主にエイジング)の仕事で独立する目標があるので、それに関係する副業もしています。そちらも特に、コロナの影響はありませんでした。」 本業も副業もコロナの影響はほぼナシという小林さん。ビジネス面では、あまり悩むことがなかった一方、『特別定額給付金』の使い道には、大変悩まれたそう。 「『特別定額給付金』の配布が決まった時は、単純に『ラッキー!』って思いました(笑)。そして、すぐに『母へオシャレな三輪自転車をプレゼントしよう!』って思いました。実は、去年から、母に三輪自転車を贈りたいと色々考えていたんです。でも、家族の反対にあってしまって、違う使い道を考えている最中なんです」

【関連記事】