Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FW石井稜真のゴールを皮切りに5点を奪った福岡U-18が5-1で大勝

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 高円宮杯JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020九州が5日に開幕し、筑陽学園とアビスパ福岡 U-18が対戦。FW石井稜真のゴールを皮切りに5点を奪った福岡U-18が5-1で大勝した。 【フォトギャラリー】筑陽学園vsアビスパ福岡U-18  新型コロナウイルス感染拡大の影響により、九州では2月末から公式戦の開催が見送られてきたが、ようやくリーグ戦が開幕。例年とは違い昇降格のない今年限定のルールでの実施となったが、「サッカーができる幸せを感じることができた」(MF藤原尚篤)、「公式戦独特の雰囲気や緊張感を楽しみつつもスタートから集中して試合に挑めた」(石井)と福岡U-18の選手が声を揃えた通り、真剣勝負を楽しむかのように熱いバトルを繰り広げた。  序盤から主導権を握ったのは、「開幕戦が一番大事なので練習からしっかり準備してきた」(藤原)。3列目で落ち着きをもたらす藤原の配球を起点に、右のMF牛鼻世波と左のMF後藤佑太がサイドを積極的にチャレンジ。前半4分にはロングボールから右サイドを抜け出した牛鼻がシュートを放つなど、筑陽学園に襲い掛かった。しかし、18分には筑陽学園のGK石橋一真のキックが福岡U-18のDF裏に落ちると、FW大嶋遥人がシュート。DFがブロックし、CKに逃れたが、DF大塚剣士のキックをDF緒方孝起に頭で決められた。 出鼻を挫かれる格好となったが、「最低なシチュエーションを想定しながら、みんなでやってきた」(石井)。すぐさま反撃に出た福岡U-18は、直後の19分にDF山本隼輔のパスからゴール前を抜け出した石井が同点弾をマーク。33分には、FW角田朋輝、石井が繋いだボールを3列目から飛び出した藤原が冷静に決めて、試合をひっくり返した。「流れを作るばかりじゃ点は入らないんで、自分で裏に抜け出した。良い感じでボールが入ったので、決めるだけでした」(藤原)。後半12分にも左後方から藤原が入れた浮き球を牛鼻が頭で合わせて、筑陽学園を引き離した。  対する筑陽学園は、「幸先良いスタートを切れたので、そのままの流れで行きたかったけど、チームの弱さである守備の甘さが出た」(大嶋)ため、先制後は連続失点。後半もボールが奪えず、守勢に回る時間帯が続いたが、「攻撃をすることで守備の時間を減らしたかった。前で奪ってシュートを打とうと意識した」(大嶋)。パス感覚に長けたMF北野真平や途中出場MF瀬戸千太郎のルーキーコンビによる果敢なプレーにも後押しされ、26分には右を抜けたMF内田潤がゴール前にパス。MF岩崎巧のダイレクトシュートがMF石橋翔太に当たってゴールに向かったが、CKに終わった。

 その後は再び、福岡U-18のペースとなり、残り10分でFW真木凌と石井が加点。2点を奪い勝利の立役者となった石井は、「試合の中で自分たちと相手の流れがあったけど、自分たちがやろうとしていることが明確に出せた。守り切るのではなく、3-1、4-1になっても相手の背後を狙い続けたり、ボールを保持して主導権を握り続けることができた」と笑みを浮かべた。 (文・写真=森田将義)

【関連記事】