Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台風10号 鹿児島県内6日暴風域へ 記録的大雨の恐れ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 非常に強い台風10号は4日、沖縄・大東諸島に接近、5日には特別警報級の猛烈な勢力に発達し、奄美地方を強風域に巻き込みながら進む見込み。予報円の中心付近を進んだ場合、奄美は6日午前、種子島・屋久島地方と鹿児島県本土は同日午後に暴風域に入るとみられる。 【写真】台風10号の接近に備え、避難するために陸上自衛隊の大型ヘリコプターに乗り込む住民(陸上自衛隊西部方面隊提供)

 鹿児島地方気象台は、大雨、暴風、高潮、高波のすべてで近年上陸した台風の記録を上回る可能性があり、「命を守るため、早めの対策を」と最大級の警戒を呼び掛ける。  年間でも潮位の高い時期で、奄美は6日、九州南部では6~7日に記録的な高潮となる恐れがある。  猛烈な雨が、奄美で5日から6日、県本土で6日から7日にかけて降る見込み。7日午後6時までの24時間降水量は奄美300~500ミリ、薩摩、大隅、種子・屋久400~600ミリの予想。  6日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は奄美で50~60メートル(70~85メートル)、薩摩・大隅30~40メートル(40~60メートル)、種子・屋久40~50メートル(55~70メートル)で、住宅の倒壊被害を及ぼす恐れがある。奄美の最大瞬間風速85メートルは時速306キロに相当する。海上の波の高さは奄美15メートル、種子・屋久14メートル、薩摩・大隅で12メートルとなる見通し。

 10号は4日午後9時現在、南大東島の南南東約420キロを時速15キロで西北西に進んだ。中心気圧は920ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル。最大瞬間風速は70メートル。中心から半径220キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。5日には「猛烈な」勢力に発達する見込み。  6日午後に暴風域入りが予想される種子島3市町は4日、住民から避難所の問い合わせが多いことなどを踏まえ、5日午後5時に避難所計32カ所を開設することを決めた。  鹿児島県教育委員会によると、4日午後4時時点で、7日に臨時休校する公立の小中高校などは計481校、検討中は189校、自宅待機34校-となっている。

【関連記事】