Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『約ネバ』次号完結? 鬼滅の刃に続き、ジャンプの“クライマックス”表記に予想合戦

配信

オリコン

 人気漫画『約束のネバーランド』(略:約ネバ)の最新話第178話が、25日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)25号に掲載された。次号予告で「クライマックス」と表記されており、ネット上では「えっ?来週、最終話?」「『鬼滅の刃』でみたぞ、これ」「この間鬼滅で見たばっかの文字が 約ネバの引きに書いてあるんだが…」などと話題となっている。 【写真】怖さも完全再現?実写版でママ・イザベラ役を演じる北川景子  最近のストーリーは、怒涛の展開を見せており、公式ツイッターでも「今週の約ネバは、先週から引き続き衝撃展開…!心して、ご一読下さい」(18日)と呼びかけていた中で、きょう発売号のラストで「次号、クライマックス 表紙&巻頭カラー!!」と告知。  クライマックスの告知は、18日に完結したばかりの人気作『鬼滅の刃』が、2号に渡って「クライマックス」と表記していた。最終回を迎える前に2度のクライマックスの表記をしたことで、当時、ネット上では「次が最終回?」「これは新章開幕に向けてのという意味?」「来週からどうなる (1)最終回 (2)新章」など、今後の展開を予想する声が相次いでいた。  「クライマックス」=「最終回」と考えるのは自然な流れだが、『ひとつの物語の節目』という意味で「クライマックス」と表現するのは珍しくない。しかし、『鬼滅の刃』は連載終了したため「約ネバはもう本当に6月中には終わってしまうな」「約ネバも終わっちゃうのか なんか悲しいな」「約ネバ来週で終わるんかね?」「キメツが次回超クライマックス!っていう煽りで最終回迎えたから約ネバもそうかなって構えちゃうね…」と次号で最終回を予想する声が。  一方で次号の『約束のネバーランド』は、6月1日発売の同誌26号で表紙&巻頭カラーを飾るが、完結した『鬼滅の刃』も最終回前は巻頭カラーであったことから、同様に来週再びクライマックスを呼びかけると予想するファンもおり「鬼滅も最終回前は巻頭カラーだったし、約ネバも再来週じゃない?」「クライマックスで引き延ばすのはジャンプのお家芸となったw」などと今後の展開予想で盛り上がっている。   同作は、孤児院で平穏に暮らす少年少女たちが、孤児院が自分たちのことを「『鬼』の食用として育てている」という秘密を知り、脱獄を計画するファンタジー。2016年8月から同誌で連載がスタートし、緻密なストーリーと繊細で美しいイラストが人気を呼び、『このマンガがすごい!2018 オトコ編1位』(宝島社)や『第63回小学館漫画賞』少年向け部門など、さまざまな賞を受賞。アニメ第2期が来年1月放送、今冬には実写映画の公開が控えている。

【関連記事】