Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「全てを空手にささげ」飛躍した青春時代 高校・大学で日本、世界を制覇 形女子の清水希容

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 空手・形女子の日本のエースの清水希容(しみず・きよう、ミキハウス)が競技人生のターニングポイントとなった高校、大学時代について語った。(聞き手、共同通信=村形勘樹)  ―飛躍を遂げた時期だった。  そうですね。高校、大学は競技人生の節目となった大切な時期だった。厳しい環境だった高校時代は『なくてはならない3年間』で私の土台。大学では、自分の意志をどれだけ貫けるかが試された。  ―高校は強豪の東大阪大敬愛高を選んだ。  母と「日本一を取る」と約束して入学した。高校3年間で日本一になれなかったら学校を辞めて働くくらいの覚悟を持っていた。  ―得られたものは。  精神面、肉体面、いろんな面で学ばせてもらった。上下関係が徹底され、中学までとは雰囲気は全く違った。先輩の前では笑ってはいけないなど、細かいルールがあった。1年生の時は何もかも先輩よりも早くやらないといけないので、毎朝5時10分の始発電車に乗り、朝練のために道場の掃除をしていた。

 ―体も成長した。  入学した頃は体重43キロほどで「体重を増やしなさい」というのが先生からの最初の指示。「増やさなければ、メンバーに入れられない」という感じだったので、必死だった。10キロ増を目標に、授業が終わるごとにおにぎりなどを食べていた。  ―徐々に手応えをつかんできたのは。  2年の時、全国高校総体で3位に入った。ただ、準決勝で集中力を欠いた内容で、先生に「情けない試合」と活を入れられた。それが節目となる大きな出来事だった。  ―気構えが変わった。  先生からは「試合前から全然集中できていなかった」と言われた。それから、試合の日の自分を振り返るようになった。起床して何を考えていたか、バスに乗っている時はどんな行動をしたかなど全てをノートに書き出し、「こういうことはしては駄目なんだ」と失敗から学んでいった。  ―最終学年で初の日本一に。  3年の時は、両親への恩返しという一心で演武して優勝できた。失敗と成功、さまざまな体験をした3年間だった。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS