Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「金正恩はニセモノ…」北朝鮮史上最も反動的な怪文書が同時多発的に投げ込まれた!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

「今すぐ棺桶に…」党だけではなくメディアにも届いたその中身とは

 北朝鮮の消息筋によると、先月8月10日頃、朝鮮労働党を始め各中央機関の投書箱に「金正恩はニセモノだ。今すぐ木製バスに乗れ」というタイトルの、無記名の怪文書が同時に投げ込まれた。「木製バス」とは北でナムポスと言って棺桶を意味する。当然、中央機関の高級幹部らの間で大騒ぎになったわけだが‥…。その怪文書の中身や狙いなどについて、北専門家のキム・フンガン氏によるリポート。  ***

 今回怪文書が投げ込まれたのは、内閣総合庁舎内にある朝鮮労働党と人民武力省、国家保衛省、社会安全省といった権力中枢機関です。  と同時に、外務省、高等教育省、出版指導検閲総局、朝鮮中央放送委員会と朝鮮中央テレビジョン総局、労働新聞社といったマスコミにも怪文書は届きました。  北朝鮮史上、最も反動的な内容であり、また最も多くの場所に同時多発的に投げ込まれたという途方もない事件です。  内容としては、金正恩と金与正などいわゆる「白頭山の血筋」の正統性や権威を否定するもので、彼らを打倒しなければ、北朝鮮住民たちは中国のように生き残れない……といったものだったそうです。  国家保衛省は犯人を捜すため、怪文書の内容を一部コピーし、全国の保衛部で管轄地の住民たちの筆跡と比較調査をしました。  そしてそこから外部に怪文書の内容が漏洩し、口コミで広がっているとのことでした。  消息筋が伝える怪文書には、こんな内容が書かれていたそうです。

《金正恩は帰国同胞の子供として、我が人民の統治者の資格はない》

《朝鮮中央放送委員会の李春姫さん! (=朝鮮中央テレビの看板女性アナウンサー)毎日のように口角に泡を飛ばしながら金正恩の革命活動を報道していて、とても正気とは思えないが、あなたも知っているだろう》 《我が国が日本から帰国した同胞(主に帰国事業で帰国した在日)たちをどれだけ差別してきたのだろうか》 《入党請願書に妻か夫が帰国同胞だと書くと、党に入るのは難しかった》 《日本に縁故を持つ配偶者と暮らしている点で「入党には不適格」と言われなかっただろうか》 《一般の党員たちと平壌市民たちはいくら父親が「白頭山の血筋」であると言っても、母親が帰国同胞だとその子供も帰国同胞になってしまう》 《これは今まで60年以上も行われてきた我が党の階級政策だ》 《しかし金正恩とその兄弟たちは、父親の金正日が帰国同胞である高英姫と不倫して生んだ後妻の子供なのに帰国同胞でないというなら、そのために恋が破れ、家族も引き裂かれてしまった多くの帰国同胞らに何と言い訳するつもりだろうか》 《李春姫さん! あなたが我が党の真の代弁者であるならば、金正恩が「白頭山の血筋」ではなく、「帰国同胞」の息子であることをきちんと伝えることが、近い将来迎えることになる自由社会での生きる道であることを肝に銘じてほしい》 《つまり金正恩も高英姫の子供であれば、同じ帰国同胞の子供として、我が人民の統治者の資格はないということだ》 《帰国同胞は彼ら同士で結婚し、「金はあるがケチ」であり、「心臓が二つあり」、「昼は社会主義社会で生きており、夜は資本主義社会で暮らしている」と言って「差別の根源となっている現在の階級政策と幹部育成原則(帰国同胞は含まれない政策)を無効化せよ!」》

【関連記事】