Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

水着で入浴後、そのまま海へダイブ!サウナ発祥の地フィンランドで見た現地のサウナライフ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

近年、空前の大ブームとなっているサウナ。新型コロナウイルスの影響で一時的に閉鎖した施設もあったようだが、現在は営業を再開している施設も多く、“ととのう快感”を求め、人々は足繁くサウナに足を運んでいるようだ。 サウナの発祥は北欧フィンランドで、その起源はなんと2000年以上も前にさかのぼるとか。今回はフィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動する筆者が、現地で暮らす人々のサウナ事情を取材。 マンション等に設置された自宅のサウナをリサーチしたほか、2016年にオープンしたヘルシンキ市内の本格的な公共サウナ「LOYLY HELSINKI」(ロウリュ ヘルシンキ)を体験取材した。

自宅でも休日でもサウナ三昧。生活に密着したサウナ

人口約550万人に対して、約330万ものサウナが存在するというフィンランド。この数字だけ見ても、フィンランド人にとってサウナがどれだけ不可欠なものであるかが伺える。 首都ヘルシンキのグーグルマップ上で「sauna」と検索すると、このように中心地にいくつもの公衆サウナが点在していることがわかる。とはいえ、近年建てられる住宅にはサウナが完備されていることから、公衆サウナは劇的に減少しているという。

2014年からヘルシンキ在住、現地でフィンランド雑貨と現地ツアーの通販サイト「キートスショップ」を営む台湾人のケンさんに伺ったところ、「うちのマンションにもサウナがありますよ」とのこと。自宅のサウナをどのように利用しているのか聞いてみた。 このようにケンさんの自宅にあるサウナは、かなり本格的で広々としている。フィンランドのサウナは、サウナの元祖とも言われる煙突のない「スモークサウナ」、煙突付きの「薪ストーブ式サウナ」「電気式サウナ」が一般的と言われており、一般家庭では電気式サウナが普及している。 マンションにあるサウナは最上階や地下などに設置されており、住人が予約制で使うそう。ケンさんのマンションでは月に5枠の無料予約枠があり、1枠1時間で設定されている。毎日とはいかなくとも、毎週自宅でじっくりと体を温め、汗を流せるのは至福かもしれない。

【関連記事】