Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

武漢ウイルス研究所の女性所長、突然の登場背景に米中衝突か

配信

NEWS ポストセブン

「新型コロナの発生源が武漢ウイルス研究所というのはでっち上げだ」。ウイルスの発生源を巡って米中が火花を散らす中、突如口を開いたのがその研究所所長である王延軼(ワンエンイー)氏だった。 【写真】7階建、深い赤色の外観をした武漢ウイルス研究所

 5月24日に中国・国営中央テレビに登場し、強い口調と若々しい見た目のギャップが注目を集めた。39歳の若さでトップに就く彼女の素性とは? 『新型コロナVS中国14億人』(小学館新書)の著者で経済ジャーナリストの浦上早苗氏が語る。

「彼女は北京大学卒で、2012年に同研究所に入った後、3年で副所長になり、そのまた3年後に所長へ就任。エリートには違いありませんが、同研究所は一地方機関にすぎず、彼女が就任した際もそこまで話題にはならなかった。

 ただし、今回のコロナ騒動で彼女に目が向けられ、経歴が明らかになる中で、14歳年上で武漢大学の副学長を務め研究者として名高い夫にも注目が集まっています。彼女が北京大学に入った頃、夫も北京大学大学院に特任教授として在籍しており、その時に教え子として知り合い結婚したとされている。そのことから彼女のスピード出世には、夫による裏の力が働いているのではという批判的な書き込みがネットで出回っています」

 中国で感染が拡大した2月には、首都医科大学学長が彼女の夫にSNSで「彼女の研究レベルはまだ低い」「多くの研究者たちも彼女をリーダーとして認めていない」などと苦言を呈している。

 そんな女所長がなぜ今になって表に出てきたのか。米中の情報戦を取材する国際ジャーナリストの山田敏弘氏が推測する。

「アメリカは中国によるプロパガンダの一環とみなしています。トランプ米大統領への反撃のメッセージでしょう。

 中国メディアには同時期に、同じ研究所でコロナウイルスを研究してきた“コウモリ女”こと石正麗氏が登場し、流出説を否定しました。石正麗氏が『中国から機密文書を持ち出して米国に亡命した』という情報が飛び交っていたため、火消しのためにメディアに登場させたのではないか。

【関連記事】