Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カイリー・アービング提唱の選手主体リーグ案が無視できない理由【家徳悠介コラム vol.9】

配信

NBA Rakuten

NBA再開の時が刻一刻と近づくなか、カイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)の発言が注目されている。「(再開後の試合が行われる)オーランドに行くことは支持できない」と再開を否定するとともに、選手主体のリーグを発足すべきと言ったというのだ。 はたして、そうしたリーグの発足はどの程度現実味のある話なのだろうか。

カイリー案の実現には資金調達が欠かせないが…

カイリーが新リーグ設立を提案したのは、NBAがディズニーワールドの施設で再開しようとしている事に強く反対しているからだ。ESPNなどのレポートによると、カイリーがこの案を提示したのは今回が初めてではなく、シーズン中も継続して選手たちに打診していたという。 なお、新リーグの具体案は漏れ聞こえてこないが、こうした提案は他のリーグでもしばしば聞かれる。しかし、そのほとんどが実現に至らないのが実情だ。 カイリーの案で真っ先に浮かぶ問題点は、莫大と予想されリーグ運営資金の調達、NBAからどうやって選手を移籍させるか、そしてリーグ運営に必要な人材をどう確保するかといった点だ。 とりわけ資金調達については顕著だ。Vol.6のコラムで執筆した通り、NBAのチームは選手年俸だけで年間約1.1億ドル(約120億円)が必要で、その他にチーム運営費、強化費、施設運営費など莫大なお金がかっている。コロナで少しトーンダウンしたとは言え、確かにプライベート・エクイティー(PE)などによる大規模資金調達はカイリーが本気になれば可能とも思われるものの、プロスポーツ界でも高額の年俸を稼いでいるNBA選手が魅力に感じるサラリーを支払い、更にはその運営費を払うほどの資金を調達できるのかは極めて疑問だ。 さらに、昨季MVPのヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が、「(カイリーは)NBAがリーグを発展させるために、どれほどの時間とお金をかけてきたのか理解していない。また、リーグが人気を長期間維持する難しさもね」と述べれば、NBA随一のエージェントとして知られるデビッド・フォークに至っては、「過去15年間で新規バスケリーグを始めるのに、これほど最悪なタイミングはない」と一蹴している。