Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

りゅうちぇる、自分を偽っていた時期も…殻をやぶったきっかけは「鏡」

配信

J-WAVE NEWS

サステナブル(持続可能)なライフスタイルを見つめる、J-WAVEの特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL FUTURE IS YOURS!』(ナビゲーター:グローバー・堀口ミイナ)。5月4日(月)のオンエアでは、ゲストにりゅうちぇるが登場。自分の個性を受け入れるようになったきっかけや、りゅうちぇるが考える持続可能なライフスタイルについて語った。

“りゅうちぇる”になる前は、自分を偽っていた

ゲストで登場したタレントのりゅうちぇるは、RYUCHELLの名義で音楽活動もおこなっている。2018年には愛息子の名前「リンク」から取った楽曲『Link』をリリースした。「人それぞれの個性を尊重し合う」というメッセージを発信し続けているりゅうちぇるだが、以前は本当の自分を隠していた時期があったという。 りゅうちぇる:僕はかわいいものが大好きなんですが、だからと言って男の子が好きということでもなくて、女の子が好きなんですね。でも小さい頃から、そういう理解はされませんでした。たとえばバービー人形で遊んでいたら、「おまえは男が好きなんだろう」って言われたりして。なにか行動したら、みんなとは違っていたって経験がすごくありました。 自分らしくいることは大事だと思いながらも、「このままだと僕は孤独になってしまうな」と感じたり、「誰かから見るとワガママになってしまうんじゃないか」「普通の人に生まれたかった」と悩んだりして、思春期には本当の姿を偽っていたという。 りゅうちぇる:中学時代は、低い声で話してみたり、カラオケで歌えるように嫌いな歌を聴いたり、嫌いな香水を使ったりして過ごしていました。すると、一緒に行動するような友だちはできても、本当の友だちはできなかったんです。孤独になりたくなくて自分を偽ったけれど、結局は孤独でした。そのあとは地元の友だちが誰もいない高校に行って、そこから“りゅうちぇる”でスタートしました。 グローバー:つらい中学生時代を過ごされていたんですね。 りゅうちぇる:とてもつらかったです。子どもの名前を「リンク」だと公表したときも“キラキラネーム”だってすごく言われたんですね。だけど、子どもの名前って子どもへの最初のプレゼントなわけだから、適当に名付ける親なんていないと思うんですよ。だからこそ僕は『Link』の歌詞のなかに「キラキラ」という言葉を使って、ポジティブな気持ちに変換しました。自分をキラキラさせたいことが相手にとって目障りで、何かを言われたりすることもあるけれど、文句や傷ついた言葉でさえもキラキラで返していくことを大切にしました。

【関連記事】