Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ドラゴンクエストライバルズ エース』リニューアル&新モード追加の経緯や気になる今後の展開を二木プロデューサーに直撃!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファミ通.com

文・取材:ゴジラ太田 『DQライバルズ エース』誕生秘話と今後の展開を訊く!  『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターやモンスターたちが登場する、Nintendo Switch/スマートフォン/PC向けの対戦デジタルカードゲーム、『ドラゴンクエストライバルズ』。この人気タイトルが、ひとりプレイ用モード“ソロバトルアドベンチャー”を実装して、タイトルを『ドラゴンクエストライバルズ エース』(以下、『DQライバルズ エース』)に一新! さらに“真1弾”カードパック『英雄たちの凱旋』もスタートしました。 【この記事の画像をもっと見る】  今弾でいちばんの焦点となる“ソロバトルアドベンチャー”をはじめ、新要素のダンジョン、選択カード、新英雄などなど、気になるところをスクウェア・エニックスの『DQライバルズ エース』プロデューサー、二木達博氏に直撃します! カードゲームや対人戦が苦手な人もRPG感覚で楽しめるソロモード ――なぜ『DQライバルズ エース』という形で『DQライバルズ』をリニューアルしたのでしょうか? 二木  待望のひとり用ゲームモードとなる“ソロバトルアドベンチャー”のオープンを機に、タイトル全体の大規模リニューアルを打ち出すためです。ソロモードは『DQ』は好きでもカードゲームやオンライン対戦に抵抗を感じていた方でも、モンスターを相手にひとりでマイペースに楽しめるゲームモードです。さらに『DQ』らしい育成要素を取り入れたカードバトルRPGでもあり、対戦とは違ったプレイを楽しめる内容になっています。  これまでのオンライン対戦が中心だった『DQライバルズ』は、このモードの導入により、対戦モードとソロモードの両面で楽しめるゲームへと進化します。そのために今回、新しい名前とともにリニューアルしました。開発ロードマップで言えば、ソロモードの計画を立てる段階で、ナンバリングがふたケタになる11番目のカードパックを節目にして、心機一転を計画していました。アーケードゲームが2年ほどの周期で大きくバージョンアップするようなイメージですね。いわば『DQライバルズ』の新しい門出(かどで)です。カードだけに。 ――なるほど(笑)。ソロバトルアドベンチャーは、どのようなプレイスタイルを目標にしているのでしょうか? 二木 NPCを相手に、ゲームルールやカードにマイペースで慣れていったり、強化やスキルのシステムで、ランクマッチ対戦とは違ったバトルやデッキ構築を楽しめるモードです。バトルにはオートプレイが搭載されており、これに育成システムやデッキ構築が組み合わさることで、準備だけしてバトルはお任せといった、シミュレーションゲームのようなプレイが可能となっています。個人的な予想では、日々のスタミナ消化やレベル上げの点から、ボス戦以外はこうしたシミュレーション的なプレイスタイルが広まると思います。ソロモードを遊ぶことでたくさんの報酬が得られますし、ランクマッチを遊ぶことでもこれまで通り報酬がもらえますので、両方を遊ぶようになってもらうのが理想です。もちろんカードは対戦モードと共有ですので、これまで所持していたカードも使えますし、ソロモードを通して手に入れたカードも、勇者専用カードや強化レベルを除き、オンライン対戦へ持ち込めますよ。 ――ソロバトルアドベンチャーには、『DQライバルズ』の本筋である対戦バトルへの道筋をさらに広げる狙いもあるのでしょうか? 二木 もしかすると、ソロバトルアドベンチャーをプレイするユーザーさんが、対戦を遊ぶユーザーさんよりも多くなるかもしれません。もちろん、ソロモードだけを遊ぶユーザーがいてもオーケーですし、むしろウェルカムです。ですが、それは対戦プレイヤーの数が減るということではなく、ソロバトルアドベンチャーをきっかけに『DQライバルズ エース』に触れるプレイヤーが増えることで、本来はコアな遊びであるオンライン対戦のプレイヤー人口が増えるのかな、と。そうすれば、さらに白熱した対戦環境になると思いますし、すべてのプレイヤーにとって、よい結果をもたらすと考えています。 ――ソロバトルアドベンチャーはカードゲームでありながら、キャラクターやカードの育成(強化)など、『DQ』シリーズと同じように“育成する楽しさ”を存分に感じられるRPGのようなモードですが、本来の対戦ルールとは大きく変わっていますね。 二木 すでに対戦を遊んでいるプレイヤーでも楽しめるような新しいものにしたいという一方で、これまで対戦モードだけではなかなか手に取ってくれなかった方たちのことを意識しました。そのため、これまで実装されたカードたちを活用しながら、新しいゲーム体験を作るにはどうすればいいかを検討し、さらにスマートフォンアプリとしてより広く遊んでもらうためにはどんな仕組みが必要なのかを、対戦ゲームのお約束的なものにとらわれずに検討した結果、いまの形になりました。なかなか珍しい構成のシステムなので、今後のアップデートでいろいろと深掘りできる要素を順次実装していく予定です。 ――ソロバトルアドベンチャーも、カードパックのように今後、アップデートされていくのですか? アップデートされていく場合、どのような形で成されていくのでしょうか? 二木 ソロバトルアドベンチャーは、リリースの段階で第3章までの配信となり、今後も新しい章を定期的に追加していきます。そして、章追加よりも短いスパンで“試練の間”というボスモンスターと戦えるソロモード向けのバトルコンテンツを実装し、新しい勇者専用カードを定期的に配信していく予定です。これにより、ソロモードだけを遊び続けるような楽しみかたも十分可能になっています。いっぽう、ランクマッチを遊ぶプレイヤーにとっても、これまで新パックや拡張カードが登場するまでのあいだに少々マンネリを感じていたような期間も、『DQライバルズ エース』を継続して楽しめるようになると思います。 ――新たなタイトルにある『エース』には、どのような意味が込められているのでしょうか? 二木 “エース”はチームの中で突出したプレイヤーを指す言葉ですが、ソロバトルアドベンチャーに導入される、一部の強化可能な特別カードを“エースカード”と呼んでいます。カードで言えば“切り札”を指す言葉でもあるので、要望の多かったソロモードを出す際、ピッタリだと思って名づけました。じつはもっと意味があるのですが、ヒミツです(笑)。 ――非常にボリュームのある内容となっていますが、開発で苦労された点はありますか? 二木 ソロモードを開発するにあたって、別動の開発用チームを結成しています。今回の開発はゲームモードの追加なのですが、新しい仲間を探すところから始まっていて、ひとつのゲームを作るような、それなりに長い道のりでした。そして、モードは違えど作るゲームはひとつなので、連携の面で現場のスタッフは苦労がたえなかったと思います。そこにコロナ禍の影響を受けて……とにかくたいへんでした。開発スタッフは、ものすごくがんばってくれましたね。 新英雄の3人は“ドラクエの日”記念で登場予定だった ――今弾で『DQII』のロトの勇者の末裔3人を英雄カードとして採用した経緯をお聞かせください。 二木 今回、一部の英雄カードが初めてグランプリルール上で使えなくなりますが、どれも直近まで使われていたベーシックな英雄カードです。さらに、ナンバリングタイトルの主人公たちなので、それらに代わる新しい英雄たちを登場させたいと思っていました。結果的に延期してしまいましたが、もともとこの3枚を発表予定だった5月下旬は毎年、“ドラゴンクエストの日”もある特別なタイミングでした。なので、記念になるような英雄を登場させたくて、堀井雄二さんと相談して『DQII』の3人を登場させました。ようやく発表ができたときは、ほっとしましたね。 ――新英雄カードの中でも、サマルトリアの王子はかなりユニークな性能を持っていますが、なぜこのような効果を持たせたのでしょうか? 二木 サマルトリアの王子に関する懐かしい記憶を「これでもか」と詰め込んだカードになっていますよね。“最初の手札に来ない英雄”という構想は、昔からチームの中にあったんです。しかし、英雄カードは性質上、誰もが平等にバトルの最初に手に入ることで、強さのバランスが取られていますし、難しいお題でもありました。そこで今回、ようやく「いやー さがしましたよ」という名台詞とともに現実となったのですが、英雄デッキに不可欠な“シンクロ”カードとの兼ね合いや、メガンテで棺桶に入ってしまうアクシデントも起きるので、実際使ってみるとかなり手ごわいカードになっていると思います。ほかにも、ローレシアの王子は「特技を入れないデッキで強い」ということがわかりやすい英雄なので、初心者もデッキが組みやすいかもしれませんね。 ――新要素の“ダンジョン”と“選択”は、対戦にどのような影響を与えるとお考えでしょうか? 二木 新要素“ダンジョン”を持つ建物カードは、場に設置して決められた条件を一定回数クリアーすることで“踏破”され、効果を発揮します。設置してから数ターン後に効果を発揮するのですが、設置から踏破までの攻防が、これまでのバトルとは異なる流れになるので、プレイ感を変える楽しいカードです。デッキ構築のヒントにもなりますし、新しいデッキがたくさん生まれると思います。  もうひとつの新要素“選択”は、銀のタロットを使用した状態の占いカードのように、ふたつの異なる効果からひとつを選択できるカード効果です。これまでも前列/後列召喚時やさくせんのように、状況に合った効果を選べるカードを作ってきましたが、やはりプレイの選択肢が増えると実力が発揮されますし、同じデッキでも何度も遊びたくなると考えているので、選択はそんな拡張要素のひとつと思っていただければ。 ――Nintendo Switch版がリリースされてから約1年半となります。プレイできる環境が広がったことで、ユーザー層にどのような変化がありましたか? 二木 Nintendo Switch版には、まだスマホを持っていないような若いユーザーが多いですね。割合はそれほど多くはないですが、スマホの画面だと小さくて遊びづらいという方や、スマホの容量を空けたいといった方にも利用されています。 ――これまで弾ごとに開催されていた“勇者杯”ですが、残念ながら前回は新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいました。今後の“勇者杯”は、どのような形で運営していくのでしょうか? 二木 もちろん“勇者杯”は継続していきます。2020年春大会は予選途中でコロナ禍の影響により中止となってしまいましたが、この状況下でのイベント開催例も増えてきているので、それらを参考にしながら、まずはオンライン中心で再開します。詳細については、勇者杯の大会サイトをご覧いただければ! ――では、最後に今後の展開を教えてください。 二木 『DQライバルズ エース』も無事に配信されましたが、2020年8月28日には試練の間で新しいボス“エスターク”を配信しました。強力なボスとなっているので、勇者やエースカードをレベルアップして挑むことをおススメします。クリアー報酬もいろいろあるので、お楽しみに! -  『DQライバルズ エース』は、リニューアル前の『ドラゴンクエストライバルズ』からの通算で1700万ダウンロードを突破。これを記念して、期間限定のログインボーナスが実施されています。ゲームにログインするだけで1700ゴールドやカードパックチケットがもらえるので、始めてみるにはいいタイミングかも! 受け取り期間 2020年10月1日(木)23:59まで プレゼント内容 1日目 1700G 2日目 アドベンチャーパックチケット×1枚 3日目 英雄たちの凱旋パックチケット×1枚 ※期間中ログインすることで1日1回、ログインボーナスを受け取ることができます。 ※期間中累計3日間ログインすることで、すべてのログインボーナスを受け取ることができます。 ※通常のログインボーナスも合わせて受け取ることができます。

【関連記事】