Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもの重症例は不明な点が多い…腹痛や下痢などの胃腸の症状にも注意を

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

若年層は新型コロナウイルスに対して高齢者ほど脆弱ではなく、感染しても軽症ですむ傾向があると言われている。 【全画像をみる】子どもの重症例は不明な点が多い…腹痛や下痢などの胃腸の症状にも注意を だが、子どもの重症例の報告には不明な点が多く、当然ながら親を不安にさせている。 子どものCOVID-19の症状は成人の場合と似ており、小児多系統炎症症候群(PMIS)は胃腸に症状が出るのが特徴だ。 アメリカで新型コロナウイルスが拡大したとき、公共衛生に関する呼びかけは、最も脆弱な人々である高齢者、心臓や肺などに疾患を抱える人々に向けられた。 若年層、特に子どもの多くが感染しづらいとみられ、いくつかの調査でもそのことに言及している。 アメリカの子どもと青少年2500人以上を対象としたCOVID-19に関するアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の4月の調査で、18歳未満は人口の22%を占めるが、報告されたすべての新型コロナウイルス感染者では18歳未満はわずか1.7%だったことがわかった。しかも、感染した子どもの多くが軽症または無症状で、これは中国での調査結果と似ている。感染した1歳から17歳の子どものうち、入院したのはわずか14%だった。 だが子どものCOVID-19と関連して、「小児多系統炎症症候群(PMIS:pediatric multisystem inflammatory syndrome)」と呼ばれる、時には死に至る、不明な点が多い呼吸器疾患が報告されていて、親を不安にさせている。 PMISは、ニューヨークで5月12日までで少なくとも100人の子どもが発症し、3人が死亡した。ヨーロッパではさらに早い段階で報告され、4月30日までで7カ国において少なくとも100人が発症した。 では、子どものCOVID-19とPMISはどこが違うのだろうか。

子どものCOVID-19の症状は、成人の症状と似ている

成人と同じように、COVID-19にかかった子どもは次のような症状がみられる。 咳 息切れ、呼吸困難 発熱 悪寒 筋肉痛 のどの痛み 味覚、嗅覚障害 成人と同様に、このリストは完全なものではなく、多くの人々が診断されていくにつれて、変わっていく。例えば、陽性が確認された人の中には、鼻水や嘔吐、下痢など他の症状がみられることもある。

【関連記事】