Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

LINEのOMO戦略「OMOは1つの手段に過ぎない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

LINEは、「LINEで実現するCX事例」を紹介するオンラインイベント「LINE CX DAY」6月29日に開催した。 Keynoteセッションでは、「LINEで実現するLIFE Marketig」と題してデジタル上でCXを実現するためのLINEのプラットフォームや、最新のテクノロジーとソリューションについてが紹介された。  

LINEのOMOと販促施策

本セッションに登壇したOMO販促事業を担当する澤入氏は、LINEのOMO事業の取り組みとして、「木の葉・LINEでオーダー」を紹介した。 「木の葉・LINEでオーダー」は、LINEを利用して木の葉モール橋本のフードコートでモバイルオーダーができる仕組みだ。店舗、メニューの選択から決済までをLINEで行えるため、ユーザーは席に座ったままでフードコートの料理を注文から決済まで完結することができる。また、モバイルオーダーのときにユーザーが店舗の友達追加を行うため、店舗とユーザーの接点にもなっているという。 澤入氏は、ユーザーが求めているものはOMOではなく、生活の中での課題解決や、ユーザー体験のアップデートであり、OMOは手段の1つに過ぎないと語った。 さらに、LINEはオフラインのユーザー体験においても価値を向上させられると考えているという。新型コロナウイルスの影響で、消費者が新たなサービスやオンライン体験をする一方で、オフラインのユーザー体験も見直されている。そこで、LINEはエンターテイメントやグルメ、ショッピング、旅行など、オフラインでしか経験できない価値もコミュニケーションの側面からサポートしようとしている。 LINEが2020年6月に発表したユーザー調査では、メッセージの送信数やビデオ通話利用回数が増加。LINE上でのコミュニケーションが活発になっているという。 このコミュニケーションの増加をうけて「LINEがオフラインのユーザー体験の入り口となり、ユーザーとサービスの距離を近づける役割を目指す」と、澤入氏は語った。そのために、LINEはさらにサービスを強化するという。 具体的には従来のコミュニケーションに加えて、予約、検索、コマース機能などの強化を予定している。 さらに、LINEの販促領域において、以下の3つのソリューションで店舗情報をもとにしたデータ連携、コンテンツ強化を行なうという。 ・LINEチラシ ・LINEセールスプロモーション ・LINEクーポン たとえば、LINEチラシにクーポンを連携したり、キャンペーン情報を掲載したりするだけではなく、ボットIDをキーとして、LINE公式アカウントやLINE広告とのクロスターゲティングを実現していく予定だ。 Keynoteのセッションには他にもLINEで広告ビジネス事業を担当している池端由基氏が登壇し、コロナ禍におけるLINE公式アカウントを活用した取り組みや、プラットフォームの事業開発をしている高木祥吾氏が登壇し、CXを実現するためのソリューションと、テクノロジーパートナーとの取り組みを紹介した。