Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【大森南朋さん】雰囲気イケメンが色気を完全封印して成功した『私の家政夫ナギサさん』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webマガジン mi-mollet

まさに、大森南朋の新・ハマリ役といえるナギサさん。でも彼がこのように“カッコ良さゼロ”の役を演じることは、これまでほとんどなかったことだけに、正直、スタート前は一抹の不安を抱いていたのも事実。美味しいとわかっている名店のあのひと皿が封印されたかのような……。  こう言っては何ですが、大森南朋はハッキリ言って“雰囲気イケメン”です。丸顔にクリンとした大きな目。今作でもエプロンをした姿が「クマちゃんみたいでかわいい♡」と盛り上がっているように、ルックスだけ見ればナチュラルボーン・イケメンとは言い難いかもしれません。それが先にも申し上げたように、ひとたび演技をすれば得も言われぬ色気を放つのであります。そして気づけば、もうイケメンにしか見えなくなっているのです。 それだけに今作のナギサさんのように、色気ゼロの役で大丈夫なのだろうか……。私はそんな心配をしてしまったわけです。が、始まってみて大いに納得しました。だからこそナギサさんは大森南朋だったんだ!と。 第3話を終えて、メイは晴れてナギサさんを正式に家政夫として雇うことに。さて、ここからメイとナギサさんの関係がどうなっていくのか……。 実際の展開は分かりませんが、やはり視聴者として期待するところは胸キュン以外の何でもないでしょう。そこでの大森南朋なのです!  というのも、これがたとえば西島秀俊や竹野内豊なら、たしかに年齢的にはおじさんですが、カッコ良すぎて普通にメイとの恋愛があり得そう、と最初から想像してしまいます。 大森南朋が演じているところの、「頑張らなくてもいいんだ」と100%無防備になれるような“お母さん感”は生まれないでしょう。かといって“お母さん感”を重視しすぎたキャスティングでも、今度は胸キュンが難しくなる……。だけど大森南朋なら、“お母さん”でありながら、小さじ一杯分の男の色気が残っているのです。これこそが、ナギサさんが大森南朋でなければならなかった最大の要因だと私は思うのですよ。 これまでは、どちらかというと色気を、静かながらも抑えきれていなかった大森南朋。しかし48歳になって、その色気の出し入れも自在にできるようになった。彼の演技力がその極みにまで達したからこそ、ナギサさんは想像以上の好評を得ているのではないでしょうか。このドラマを機に、“イケおじ”でも“癒し系おじさん”でもない、新しい“母おじさん”なるブームがくるかもしれません。そんなことも含めて、今後も大森南朋のナギサさんから目が離せません! 文/山本奈緒子 構成/藤本容子  

山本 奈緒子

【関連記事】