Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

極楽とんぼ・山本圭壱「全く情けない話しです」 新型コロナ感染の4人、対策甘さ謝罪

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 新型コロナウイルスに感染したお笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱(52)が16日、自身のツイッターを更新。手書き書面を添え「この度は、YouTubeの撮影の際に感染対策が不完全だった為にコロナ感染を引き起こしてしまいました。全く情けない話しです」と謝罪した。 【画像】狂犬・加藤の愛娘に…山本圭壱がまさかのお願い  書面では「この度は、YouTubeの撮影の際に感染対策が不完全だった為にコロナ感染を引き起こしてしまいました。全く情けない話しです」と侘びつつ「問題となる動画に関しましては、所属事務所の判断で非公開となりました」と説明。「自分たちの対策の甘さから引き起こした可能性があります。誠に申し訳ございませんでした」と記した。  この日、山本のほか、ココリコの遠藤章造(49)、品川庄司の庄司智春(44)、じゃぴょん桑折(47)もSNSを通じて、今月8日に生配信したYouTubeが「非公開」になったことを報告。  遠藤は「この度は、YouTubeの撮影の際、感染対策が不完全だった為に、集団感染が起こってしまった可能性があります」とし「自分たちの対策の甘さからこの様な事になり本当に本当に申し訳ありませんでした」。  庄司は「この度は8日のYouTubeの生配信の時に感染予防対策が不完全だった為、集団感染を引き起こした可能性があります」とつづり「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪し、きのう15日から入院したことを明かした。  桑折は「この度はYouTube撮影の際、感染対策が不完全だった為に集団感染が起こってしまった可能性があります」と伝え「11日に症状が出てからは、検査以外で人との接触を断って生活してます。本当に申し訳ありませんでした」とした。

【関連記事】