Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コンパクトSUV「新型ヤリスクロス」と「C-HR」を画像で比較!

配信

MOTA

2020年秋に登場予定の新型コンパクトクロスオーバーSUV「トヨタ ヤリスクロス」と、2016年から発売されているコンパクトクロスオーバーSUV「トヨタ C-HR」。話題の小型SUV2台を写真で見比べながら内外装のデザインを比較し、2車種の共通点や相違点を見ていく。 ■「新型ヤリスクロス」と「C-HR」の各部を画像で比較! 新型ヤリスクロスとC-HRのデザインを見比べたいという人や、どちらを買うか検討している人は要チェックだ!

エクステリア/インテリア比較

新型ヤリスクロスもC-HRどちらもコンパクトクロスオーバーSUVで、クーペのようなフォルムなど共通点も多い。それそれ違いや共通点はどんな部分に見られるのか、パーツごとに画像で比較しながらチェックしていく。 ■フロントビュー比較 C-HRは斜めのラインが多用された鋭さのあるデザインとなっており、好き嫌いが別れそうな個性の強いフロントビューだ。一方、新型ヤリスクロスは水平基調で平面を強調し、小柄な割には立派に見せるデザインだ。兄貴分のRAV4にも共通する力強さもあって、SUVらしいタフな印象を与えている。 ■リアビュー比較 C-HRはフロントビューと同様に、ボディーラインからテールライトが突き出るなどエッジの効いた個性的なデザインだが、新型ヤリスクロスは水平基調でシンプルな構成となっている。同じようなボディサイズではあるが、スポーティなC-HRに対して新型ヤリスクロスには重厚感を感じさせる。 樹脂製のバンパーや幅の抑えられたリアガラスなど共通点も見られる。しかし大き目なリアスポイラーがあるC-HRに比べれば、新型ヤリスクロスのほうが後方視界は良いだろう。 ■サイドビュー比較 新型ヤリスクロスはC-HRに比べ全長は短いものの、アンダー部からフェンダー周りまでを樹脂パーツで取り囲み、SUVらしい力強さを演出する。また樹脂パーツの存在感によりボディに厚みを感じさせない工夫がされていることで、サイドビューはC-HRに負けないほどスポーティに見える。 いっぽうのC-HRは、SUVとスポーツクーペをクロスオーバーさせたような新鮮なデザインが個性的だ。全長4360mm、全高1550mm(ハイブリッド系)、ホイールベース2640mmに対して、新型ヤリスクロスは全長4180mm、全高1560mm、ホイールベースはヤリスと同様の2550mmだ。 ホイールベースの数値から見ても、足元に余裕があるのはC-HRだろう。しかし、リアに行くにつれて低くなるルーフラインによって、ヤリスクロスのほうがリアの天井スペースに余裕があるはずだ。 また新型ヤリスクロスのほうがコンパクトで小回りが利きそうだ。 ■リアドア比較 C-HRではドアノブをCピラー部分に収めたことで、クーペのように見える。 新型ヤリスクロスでも同じようにクーペ的なプロポーションを成立させているが、こちらはキャラクターラインはリヤドア部分で跳ね上がる形となっており、リヤドアの存在感を薄らげる手法を取っている。 C-HRに比べ、新型ヤリスクロスはフロントガラスが立っているのと、ボンネットの先端も見えやすい位置にあるため、死角や車両感覚もつかみやすそうだ。 ■インテリア エクステリアと同様に、曲線やエッジ、凹凸のあるデザイン、シルバーの差し色があるなどアグレッシブなデザインのC-HR。対して新型ヤリスクロスは水平基調かつナビに下側にスイッチ類を集中させた配置となっており落ち着いたデザインだ。 このように改めて新型ヤリスクロスとC-HRのデザインを画像で見比べてみると、両者の違いが良くわかったはずだ。個性的プロポーションを求める人はC-HR、日々の使いやすさや、SUVらしい力強いデザインを求める人は新型ヤリスクロスがオススメではないだろうか。 ▼新型ヤリスクロスとC-HRを画像で比較したい人はフォトギャラリーをチェック!

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA