Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名作シューティングゲーム『斑鳩』の豪華パッケージ版が予約販売を開始、国内では即売り切れの大人気に。「IKARUGA」3Dメタルモデルなどが封入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
電ファミニコゲーマー

 トレジャーは、2001年にリリースした名作シューティングゲーム『斑鳩』の豪華なパッケージ版の予約販売を実施している。販売を担当するPikiiでは、記事執筆時点ですでにPlayStation 4版とNintendo Switch版どちらも売り切れ済みとストア上で表記されている。価格は税込4950円で、9月24日(木)に発売される予定だ。 【この記事に関連するほかの画像を見る】  ゲーム本編以外に特別化粧箱、フルカラー説明書、そしてFascinations,Incが製作した3DメタルモデルMetal Earth「IKARUGA」が付属する。なおアメリカでも予約が始まっており、こちらはゲームデベロッパーのNicalisが販売を担当。日本と比べると若干割高で送料も掛かるが、日本への発送にも対応している。  『斑鳩』はトレジャーが開発し、2001年にアーケードで稼働が始まった縦シューティングゲームだ。自機と敵、そして弾に設定された白黒2種類の属性により、場合によってはあえて敵の弾に当たる方が有利になる、シューティングゲームとしては珍しいシステムを搭載していた。同じ属性の敵を連続して破壊するとメリットが発生するチェーンコンボや、高い難度にふさわしいハードな世界設定などにより、今なお名作シューティングゲームの議論では必ず登場する名作となっている。  2002年にドリームキャストへ移植されたことを皮切りに、約20年にわたってさまざまなハードへ移植。ダウンロード販売でNintendo SwitchやPlayStation 4、Xbox Oneでも遊べる。  2021年に20周年を迎える『斑鳩』だが、今なお多くのファンに愛されている。主人公機のかっこよさが再現されたメタルモデルは、ファンなら絶対に手に入れたいアイテムだろう。 ライター/古嶋誉幸

電ファミニコゲーマー:古嶋 誉幸

【関連記事】