Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型フィットはホンダを救えるのか!?【みんなの声を聞いてみた】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

2020年2月より新型の発売がスタートしたホンダ フィット。2020年上半期の販売台数では第3位にランクインするなど堅調な売れ行きを見せている。果たして、実際に一般ユーザー、さらには購入検討者にはどう捉えられているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。 ■堅調な売れ行きの新型フィット、その内外装を今一度写真でチェック(42枚)

2020年2月にフルモデルチェンジした4代目フィット

2019年10月に開催された東京モーターショー2019で初披露され、2020年2月に満を持して発売開始となった新型フィット。 今回のフルモデルチェンジで、フィットのグレード構成は大幅に変更された。1.3リッターのガソリンエンジン、ハイブリッドのe:HEV(イー・エッチイーブイ)ともに、5種類のタイプから選択可能となった。 その5種類とは、BASIC(ベーシック)、HOME(ホーム)、NESS(ネス)、CROSSTAR(クロスター)、LUXE(リュクス)。 駆動方式は、全グレードで前輪駆動(FF)の2WDか4WDが選択可能。新型フィットでは、グレードの数を増やしながらオプションの種類を抑え、組み合わせの総数を減らした。

シンプルでスタイリッシュになった内外装デザイン

プラットフォームは先代モデルと共通ながら、デザイン面では一新。 ボディサイズこそ引き続き5ナンバーサイズで(クロスターを除く)全長が5mm長くなり、全高が10mm低くなった程度だが(全長4090mm×全幅1725mm×全高1545mm)、先代の抑揚の強いデザインからシンプルなデザインへと一転したことで、コンパクトになった印象を受ける。 インテリアもエクステリアと同じく極力シンプルな造形となり、メーターはアナログメーターを廃して液晶パネルに変更。全グレードで電子制御パーキングブレーキを採用したことで、センターコンソールもスッキリしている。また、新型フィットでは、フル液晶メーターの採用で先進性が大幅アップ。スピードメーターとしてだけでなく、ナビの表示や車両設定なども行う。

MTは廃止されるも、ハイブリッドはEVに近い乗り味でキビキビ感アップ

先代フィットではハイブリッドモデルは7速DCT、ガソリンモデルはCVTを採用していたが、新型フィットではハイブリッドモデルは電気式無段変速機を、ガソリンモデルは引き続きCVTを採用している。どちらも変速ショックもなく、スムースな加速が魅力だ。 ハイブリッドモデルは、新たにオデッセイハイブリッドやC-RVハイブリッドで採用されている2モーター方式に変更となり、ガソリンモデルは1.5Lモデルを廃して1.3Lに一本化。併せて先代モデルに設定されていた3ペダルMTは消滅している。

【関連記事】

最終更新:
MOTA