Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“ムジカ・ピッコリーノ”ヒロイン役でお馴染み、斎藤アリーナが新シングルをリリース

配信

Billboard JAPAN

 NHK Eテレ『ムジカ・ピッコリーノ』でヒロイン役を務めた斎藤アリーナが、約半年ぶりとなる2ndシングル「Night Owl」(ナイト・アウル)を7月1日にリリースした。 その他の画像  外出自粛ムードのなか部屋にこもっていた閉塞感を、愛する人からの束縛とオーバーラップさせウィスパー・ヴォイスで歌唱した同曲は、斎藤アリーナ本人が作詞作曲。アンビエントなサウンドをプロデュースしたのは新進アーティスト、miffrinoだ。  『ムジカ・ピッコリーノ』出演後は学業に就きながら主に都内を中心にライヴ活動を行い、楽曲制作に励んできた斎藤アリーナ。スタジオに入るまでセッション相手を聞かされないネット番組企画『first Sessions』では、君島大空、角銅真実、松下マサナオらと共演し話題となった。  20歳の誕生日だった2月3日にワンマンライヴを行った後、コロナ禍に巻き込まれ配信ライヴや家からの配信を行っていたなか、今回の楽曲が生まれることにつながったという。  なお、斎藤アリーナは7月4日には有観客でのライヴを下北沢Lagunaで行うが、チケットは既にソールドアウト。配信による観覧のみが可能となっている。  8月下旬には3rdシングルを、秋には初のEPリリースと東名阪のライヴツアーを行う予定だ。 ◎リリース情報 シングル「Night Owl」 2020/7/1 DIGITAL RELEASE

【関連記事】