Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

矢井田瞳、4年ぶりのオリジナルアルバム『Sharing』全収録曲・限定盤詳細発表&アルバムトレーラー公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
E-TALENTBANK

デビュー20周年イヤーのシンガー・ソングライターの矢井田瞳が4年ぶりにリリースする11枚目のオリジナルアルバム『Sharing』(10月14日(水)発売)の全収録曲と限定盤収録内容が発表され、オフィシャルYouTubeでアルバムダイジェストトレーラーが公開された。 今作アルバムには、先行リリース楽曲「ネオンの朝」「あなたのSTORY」に加え、2019年に発表されたアコギサウンドが印象的な楽曲「いつまでも続くブルー」のYaiko Band ver.やアレンジャーとして昨今の作品『Beginning』・『Keep Going』に携わってきたGAKU氏作曲の「きっとJust fine」、アコギボーカルデュオ高高-takataka-のカバー「It’s too late?」等、アルバムタイトル『Sharing』(分け合う・共有する)に相応しい、様々なミュージシャンと音楽を分け合い、ファンの皆さんと音楽を共有したいという矢井田瞳の思いが込められた楽曲が収録されている。 CDにはBONUS TRACKとして「あなたのSTORY(Yaiko Band ver.)」を収録。オリジナル楽曲とバンドサウンドに生まれ変わった楽曲をぜひ聴き比べて欲しい。 また、限定盤の特典DVDの内容も発表され、2020年2月に開催され20周年の幕開けとなったツアー、矢井田 瞳 20th Anniversary Live Tour『Keep Going』大阪公演から「My Sweet Darlin’」「MOON」ライブ映像、2020年にリアレンジされた「B’coz I Love You」他Music Videoに加え、2001年に行った初のUKツアーロンドン公演の模様が収録される。アルバム特設サイトでは各CDショップのオリジナル特典も発表となっているのでこちらも見逃せない。 さらに今作『Sharing』を携え10月31日(土)にZepp DiverCity TOKYOにて開催されるリリース記念ライブ「矢井田 瞳 20th Anniversary Release Live『Sharing』」が、生配信されることが発表された。 本ライブは会場に観客を入れつつ、生配信も実施するというハイブリット型として開催する。ライブ会場では、新型コロナウィルス感染拡大の予防対策として、政府発表のガイドラインに基づき、お客様同士の間隔をしっかりと確保するキャパシティ設定と対策を取り、来場者を迎える。 来場者チケットは来場者特典記念グッズとしてライブ会場限定カラーのフェイスタオルと矢井田瞳直筆サイン入りのアルバム『Sharing』デカジャケットが付くプレミアチケットとなる。また、9月18日より配信視聴チケットの早割販売が開始となった。 「ヤイコの日」は客席フロアをステージに見立て正五角形の位置に向かいあう、無観客ならではの演出で20年間のヒット曲を惜しげもなく披露したが、本ライブでは発表されたばかりの新曲を、デビュー以来矢井田瞳を支えてきたメンバーとともにどう表現するのか期待が高まる。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】