Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1週間でオンライン授業立ち上げた教師たちの奮闘。ソフト、Wi-Fiは企業が無料で提供

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの州で3月中旬から自宅待機が続いた。今徐々に外出は解禁されたが、多くの州では学校閉鎖は6月下旬に始まる夏休みまで延長された。 【全画像をみる】1週間でオンライン授業立ち上げた教師たちの奮闘。ソフト、Wi-Fiは企業が無料で提供 すでに2カ月以上続いてきたオンライン授業がさらに続き、9月の新学期まで学校は再開しないことになる。 オンライン授業がスムーズに始まり、定着しているかに見えたアメリカだが、全面的なオンラインへの移行はスムーズだった訳ではない。教師や学校現場ごとに急遽話し合い、試行錯誤しながら手探りでやってきたのだ。「学びを止めない」という一心で。 以下は、その仕組みを立ち上げた教師たちのレポートだ。

足りないiPadやパソコンは「寄付」で

「オンライン授業が始まって2週間は、ほとんど眠れなかった。アートの教師になって20年間、そんなことやったことなくて」 と話すのはジェイニー・シェクさん。ニューヨーク市のチャイナタウンにある公立校(保育園、幼稚園、小中学校)で、中学2、3年生を教える。 3月7日にニューヨーク州で緊急事態宣言、3月11日から学校閉鎖と聞いて、校長から教師まで何をすべきか分からずショックを受けた。ニューヨーク市からは、「授業と給食の提供は続けること」という通知だけ。生徒の父母は「パニックになって、eメールが殺到した」(シェクさん)。 校長が音頭を取り、ITに詳しい教師中心で3日間、教師が集まってYouTubeでオンライン授業について学んだ。ITに詳しければ友人の友人まで頼りノウハウを集めると同時に、生徒に配るiPadやパソコンを校内や寄付で集めた。 シェクさんがオンラインでアートを教えるには、いくつもハードルがあった。 各家庭に画材があるわけではない。鉛筆とノート・用紙だけを使うことにした。マスクを作る授業をしたが、裁縫ができる父母や生徒ばかりではない。ホチキスを使ってみたが、ホチキスがない家庭もあった。 さらに教師たちは自宅から授業をするため、1人暮らしのシェクさんの場合、自分がデッサンする手元をビデオで撮影してくれる人がいなかった。なかなかうまくいかず、今でも何時間もかかる。 Google Meetを使い、自分で作ったビデオを見せて課題を与える。チャットで来る質問に対応すると同時に、課題を送ってきた生徒にはすぐにアドバイスや採点を与えなければならない。  学校では画材などが揃っていたため、1日のうち異なる学年を教えることも難しくなかったが、限られた道具では一人ひとりへの気配りや監視が必要になる。他の先生と調整し、同じ学年の授業を1日に集めるなどの工夫もした。 チャイナタウンにある学校のため、英語が得意ではない父母のためのガイドや指示を中国語に訳すのにも時間がかかった。 「自分の声を録音したり、顔をビデオで撮影したりする経験も初めて。ビデオ編集も独学した」 YouTube上にすでにアップされているアートの授業を見せることもしてみたが、その後に与えた課題の結果を見ると、YouTubeでは生徒の集中力が、落ちたことが分かった。 やはり、知っている教師とのコミュニケーションが必要だと痛感し、自撮りビデオに戻った。 顔が見えない中、生徒の精神状態を知るために、シェクさんは生徒たちに日記をつけさせて、提出してもらっている。新型コロナに感染した家族がいる生徒を把握し、これまでのようにeメールで個別に父母と連絡を取り合うためだ。 「今大切なことは、吸収力がある若い脳をいろいろな学びや経験で満たし続けること。父母も在宅勤務となり、ロックダウンでストレスを感じているのを、子どもははたから見て感じるわけで、そういう時に何かやらせることを与えるのは、家族全体のストレスも減らせる」(シェクさん)

【関連記事】