Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

昔のパ・リーグの選手たちは絶対に負けられないというセ・リーグへの対抗心が強かった【張本勲の喝!!】

配信

週刊ベースボールONLINE

東映か中日か

昔のパ・リーグの選手たちは絶対に負けられないというセ・リーグへの対抗心が強かった【張本勲の喝!!】

1967年オールスターゲーム第1戦の表彰選手。左から池永正明[西鉄]、筆者、土井正博[近鉄]、長嶋茂雄[巨人]、土井正三[巨人]

 開幕戦で巨人がプロ野球初の6000勝を達成した。私も1976~79年の4年間在籍したOBとしてうれしく思う。  昔はプロ野球と言えば巨人だった。その巨人が属しているのがセ・リーグだったから、巨人戦のあるセ・リーグのほうが巨人戦のないパ・リーグよりも人気が高いのは当然のことだった。まだ交流戦など考えられなかった時代のことだ。  今の若い選手やファンには想像できないかもしれないが、昔はセとパの人気には信じられないほど大きな格差があった。パの試合は観客席がいつもガラガラだったのに対し、セの試合、特に巨人戦は常に超満員。長嶋茂雄、王貞治というスーパースターがいてテレビ中継もあったから、全国に多くの巨人ファンがいた。  私はパの東映に入団したのだが、宿舎のテレビで巨人戦を見るたびに、いつか自分もこんな超満員のファンの中でプレーしたいと思ったものだ。私だけではない。パの選手たちは、みんな間違いなくそう思っていたはずだ。特にタイトルを争うような主力選手たちは「どうして同じプロ野球なのに」とセとパの注目度の違いに歯がゆい思いをしていた。野村さん(野村克也、南海ほか)などは、その最たる選手だった。  のちに私は巨人へ移籍することになり、いつかこんな満員の……という夢が叶うことになるのだが、実は私はプロ入りする際、東映のほかに中日にも熱心に誘われていたから、それが実現していれば最初からセで戦っていたかも分からない。  高校2年生のときに名将と言われ、当時巨人の監督だった水原茂さんから「うちに来ないか」と誘われたものの、兄から「高校だけは卒業してほしい」と言われて断念したことは以前に書いた。しかし、いよいよ卒業する際になると巨人からの話は立ち消えており、最終的にプロ入りは東映か中日の選択となった。  私は18歳と若かったこともあり、交渉事はすべて兄に任せていた。その兄が中日を推してくれた。スカウト部長が立派な方で、その方がいる球団に私を預ければ安心だと考えたようだ。しかし、当時の私は鼻息が荒かった。 「プロでやるなら・・・

本文:2,397文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます