Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ホンダF1撤退】「議論を尽くした」F1参戦1000GPのフェラーリ、一方で撤退するホンダ。ブランド向上か、2050年カーボンニュートラルか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

ホンダは10月2日(金)17時から緊急記者会見を行い、F1参戦を2021年シーズンをもって終了すると発表した。 オンライン記者会見には八郷隆弘社長が登壇し、F1参戦を終了することを直接伝えた。ホンダはF1に継続参戦して世界的にブランド力を上げていくことは考えなかったのか?というTopNewsの質問に次のように答えた。 Q:先日1000GP目を達成したフェラーリのようにF1に継続参戦して、ホンダとして世界的にさらにブランド力を高めていくことはどの程度考慮されたのでしょうか? 八郷社長:F1に継続参戦してブランド力を高めていくか、2050年カーボンニュートラルへ向けた方向でどちらにリソースを振り向けていくか、社内経営陣で十分議論を尽くしました。その中で今回の決定にいたりました。 たしかに、F1というチャレンジもございますけれども、我々の1つの目標であった優勝ということもできました。さらに残り7戦、来年のシーズンに向けてさらに結果を出していきたいと思っています。 その中で環境対応というのも非常にチャレンジングなことだということで、これからそこにチャレンジングしていくんだと、最後は全員で意志を固めて今回の決定をすることになりました。

【関連記事】

最終更新:
TopNews