Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「オンラインやついフェス2020」キャンペーンガールオーディション 優勝者は曽我部恵一書き下ろし曲でLINE RECORDSからデビュー

配信

デビュー

 新型コロナウイルス感染拡大防止の為中止となった、やついいちろう主催の「YATSUI FESTIVAL! 2020」。それに伴い。直接会っての面接もできないためにストップしていた「やついフェスキャンペーンガールオーディション」。しかし、改めて舞台を渋谷からWEB上に移した「ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020」(6月20日・21日)が開催されるにあたり、キャンペーンガールオーディションも、審査の場をオンラインに移して、リスタートすることが決定。6月7日(日)まで応募を受け付けている。 【画像】人気ボカロPのメインボーカリストになれる「音卵プロジェクト」募集  やついフェスキャンペーンガールのグランプリ受賞者には、副賞として『LINE RECORDS』からのデビューが贈られる。優勝者のために曲を書き下ろすのは曽我部恵一。やついフェスのテーマソングも作った曽我部は「栄光あるやついフェス・キャンペーンガールにふさわしい名曲を作ります!」と意気込みを語っている。さらに「QJWeb賞」の受賞者は、カルチャー誌サイト 『QJWeb』にて連載スタート。その内容は、インタビュー取材やコラムの執筆、グラビア掲載など、受賞者の個性にあわせて検討されるという。  オーディションの審査員は、やついいちろう、曽我部恵一、田中大輔(LINE RECORDS)、QJweb編集部。6月21日のオンラインやついフェス最終日に行われる3次審査(最終審査)ではオンライン面接と課題曲(曽我部恵一書き下ろし)の歌唱を生配信で行い、その場でグランプリが発表される。  応募の締め切りは6月7日。応募の方法はオーディション情報サイト「デビュー」に掲載されている。

【関連記事】