Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

生まれ変わった日産 エルグランドはお買い得? アルファードやオデッセイと比べてみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

約6年ぶりにマイナーチェンジを果たした日産 エルグランドが、ついに2020年10月12日から発売された。注目の価格は369万4900円(消費税込み)からとなっているが、ライバル車であるトヨタ アルファードやホンダ オデッセイと比べて買い得なのか? 割高なのか? マイチェン後の装備などをチェックしつつ比較してみよう。 ■この顔なら勝負できる!? 新型エルグランドの画像をもっと見る

エルグランド、マイチェンのポイントをざっくりチェック!

今回のマイナーチェンジの注目ポイントは、デザインを一新してすっきりと今風になったフロントフェイスと、先進安全技術を拡充させた点、そしてエルグランドとしては初となるAUTECH(オーテック)ブランドの設定だろう。まずはその3点をひとつずつチェックしていこう。 ■すっきりイケメンフェイスと内外装 外観は、繊細さと力強さを両立させた新意匠のフロントグリルを採用し、ミニバンの顔として「ヤワすぎず、ドヤすぎない」精悍さを醸し出している。いずれも落ち着いた色合いのボディカラーもその精悍さを強調しており、日産の新色である「ピュアホワイトパール」「ミッドナイトブラック」「ディープクリムゾン」を含む全5色がラインナップ。 またインテリアでは、ピアノブラックでまとめた10インチの大型ディスプレイが特徴だ。 なお、特別仕様車として、漆黒のフロントグリルやフォグランプフィニッシャーなどの専用装備で存在感が際立つ「アーバンクロム」シリーズが新たに設定されている。 ■360° セーフティアシストを全車標準装備 エルグランドは今回新たに、全方向から運転をサポートする「360° セーフティアシスト」を全車標準装備とした。 その内容としては、前方を走る2台前の車両の急な減速などを検知して警報する「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」、隣接レーンの後側方から接近してくる車両を回避するようステアリング操作を支援する「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」のほか、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)など先進の安全技術が含まれている。 ■エルグランド AUTECHが初登場! セレナやノートなど、日産の主要モデルで設定されているAUTECH(オーテック)ブランドの第6弾として、ついに「エルグランド AUTECH」が登場。内外装にはAUTECH専用加飾(ダーククローム フロントグリル、メタル調フィニッシュの専用パーツ、ブルーのシグネチャーLED、内装各部のブルーステッチ)を採用し、スポーティかつ高級感漂うAUTECHらしいモデルに仕上がっている。

【関連記事】

最終更新:
MOTA