Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

舞台『刀剣乱舞』の灯をつけ直し、次につなげたい――和田琢磨&梅津瑞樹、“科白劇”への熱意

配信

ザテレビジョン

刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とした、舞台『刀剣乱舞』(刀ステ)シリーズ。 【写真を見る】8振りの麗しき刀剣男士が集結 アニメやゲームの世界を舞台上で表現する2.5次元舞台として屈指の人気を誇る“刀ステ”だが、予定されていた公演は新型コロナウィルスの影響で中止に。この状況を受けて、しぐさとセリフで表現する新形態の演劇“科白劇(かはくげき)”として最新作が上演されることとなった。 7月16日(木)の開幕に先駆けて、今回は歌仙兼定(かせんかねさだ)を演じる和田琢磨と、山姥切長義(やまんばぎりちょうぎ)を演じる梅津瑞樹にインタビューを実施。お互いの印象や、“戦い続ける座組み”で新たな表現に挑む意気込みを聞いた。 ――和田さんと梅津さんは、2019年の「慈伝 日日の葉よ散るらむ」で共演されています。 梅津瑞樹:はい、僕は「慈伝」が初参加です。これまでのシリーズと毛色が違う作品だったので、まだ「ザ・刀ステ!」という雰囲気を骨の髄まで味わい尽くしていないんです。 和田琢磨:そうだね、布を被せられたりしてね(笑)。 梅津:そこが不安でもあり、今後の楽しみでもあるところです。ちょうど昨日「慈伝」のサントラを聞いていたんですけど、殺陣が始まる前の「伯仲」という曲が流れると、いまだに動悸がするんですよね…。 和田:寝起きのアラームにしたらいいんじゃない?(笑) 梅津:「ハッ!?」って起きられるかも(笑)。 ――梅津さん演じる山姥切長義の本格的な出陣は、まだ描かれていませんね。 梅津:だから“出陣の儀”もしていないですし。あれ、してみたいんですよ。 ――刀剣男士がかっこよく名乗りをあげる“出陣の儀”はシリーズ恒例です。やはり緊張されるのですか? 和田:しますねぇ…。お客さんの期待値がすごいので、エネルギーに押し負けそうになります。梅ちゃん(梅津)もやってみたらわかるよ(笑)。 梅津:そうなんですね。映像で過去作を見ていると、わだっくまさん(和田)は全然緊張を感じさせないので、すごいですね。 ■ 「山姥切長義は、初期の歌仙兼定に少し似ている」 ――「慈伝」での共演で感じた、お互いの印象はいかがですか? 梅津:わだっくまさんがゲストでいらしたのは(公演終盤の)東京凱旋公演だったので、僕としても役としても余裕が出る頃合いだと思われるかもしれませんが、決してそんなことはなくて。毎日いっぱいいっぱいでした(苦笑)。 歌仙兼定とは舞台上でも同じシーンがあったんですけど、安心感がありましたね。わだっくまさんは芯がしっかりしてらっしゃるし、こういう大人になりたいなって。 和田:山姥切長義は、少し“刀ステ”初期の歌仙兼定に似ている雰囲気を感じました。ほかの刀剣男士に対して不器用でありながらも、自分の芯をしっかり持っている。2人がしっかり噛み合わさったら、いい関係性になれるんじゃないかなと感じていました。 公演も重ねているうちに、いつもなら目を合わせないようなところでパッと目が合ったりする瞬間もあって、いい芝居の距離感を作れる方だなと思いましたね。 和田:「慈伝」の歌仙兼定と山姥切長義との掛け合いのシーンが、ちょうど「刀とはこうあるべき」と諭すシーンだったじゃないですか。そのあとのシーンでも、「全体に向けたセリフだけど、この言葉は山姥切長義に宛てた言葉かもしれない」という瞬間があって。 そのときにパッと見たら、ちゃんと山姥切長義がこっちを見てくれていたので、うれしいなと。そんなこともありました。 ■ 稽古場はキラキラした某シアトル系コーヒーショップ? ――お2人は座組みの中でどんなポジションなのですか? 和田:三日月宗近(みかづきむねちか)を演じる鈴木拡樹くんが同い年なので、彼がいた作品では同学年として一緒に刺激し合えるいい仲間でした。20代の方々が多い作品では…自然と頼られるというか、「あ、古株来たな」という感じで見られていることは、自分でも分かってます(笑)。梅ちゃんはあんまり群れないタイプですよね。いつも1人でいる印象なので、「根暗なのかな?」って(笑)。 梅津:まぁ…間違いないです(笑)。「慈伝」のときは他人に割くキャパがなくて…。もちろん気安く話ができる友人は何人かできましたが、もう、稽古場が某シアトル系コーヒーショップみたいに感じられて…。 ――と、言いますと…? 梅津:あのお店って僕、いまだに入りづらいんですけど…みんなキラキラしてるじゃないですか。稽古場に入るときにもこう、ウッ…とくる感じがして。 和田:そんなに入れないの!?(笑) 梅津:入りづらいです。僕が勝手に苦手に感じてるだけでなんですが。 和田:入りなよ、そのくらい! 別に「髪青いヤツ来た~」とか言われないから(笑)。 梅津:いやぁ…なんか、「僕のフィールドじゃないな」っていう感じがあるんですよね。でも、「慈伝」ではこんなめんどくさい僕にも皆さんが手を差し伸べてくださったので(笑)、人並みにコミュニケーションを取れるようにはなってきました。 ――今回、刀剣男士としては和田さんに次ぐ先輩となりますね。 和田:僕と梅ちゃん以外の刀剣男士は初参加なので、僕はいろんなところで「梅津くんと頑張ります!」って言ってるんですよ(笑)。「某コーヒーショップ入れない」とか言ってる場合じゃないよ! 梅津:そろそろ僕が受け入れる側にならないといけないんですね…。 和田:そうだよ、「コーヒーおごるから来いよ!」ぐらいじゃないとダメだよ!(笑) ■ 試練すら演出に…“戦い続ける座組み”は健在 ――さて、今回は本来予定されていた公演が中止となり、“科白劇”として上演されることになりました。 和田:予定通りの形で上演できないことはとても残念ですが、鈴木拡樹くんが言っていたように、舞台『刀剣乱舞』は“戦い続ける座組み”ですからね。僕たち自身も挑戦できる、また新たな作品を構築したいです。 梅津:僕はむしろ期待値が上がりました。取り消し線を引いた新タイトルからして意味深で、ワクワクせざるを得ない。 この状況すら演出として昇華してしまうのは本当にすごい。新形態の“刀ステ”に携わる機会をいただけて光栄です。 ――どのような作品になると思いますか? 和田:歌仙兼定と山姥切長義の関係でいうと、すっごくバチバチになるか、めっちゃ仲良くなるか、どっちかだと思っています(笑)。他の刀剣男士はどうなんだろうね? 梅津:めんどくさそうな刀剣男士もいますね(笑)。彼らによっては山姥切長義も、多少は譲ることを覚えるかもしれません。 でも今回は山姥切国広がいないので、わりとフラットなんじゃないかなという気はしているんですよね。「慈伝」でも、山姥切国広以外に対してツンケンした覚えはないですし。 ――面識のあるキャストは? 和田:僕は獅子王(ししおう)役の伊崎(龍次郎)くん、篭手切江(こてぎりごう)役の大見(拓土)くんと共演経験があるので、すごく楽しみです。あとの方はみんな初めましてかな。 梅津:僕もほぼ初めましてですね。亀甲貞宗(きっこうさだむね)役の(松井)勇歩さんは「慈伝」でアンダースタディを務めてくださっていたので、勇歩さんと刀剣男士としてお芝居ができるのはすごく楽しみです。 ■ 2人が気になる刀剣男士は? ――初の女性キャストとして、七海ひろきさんが細川ガラシャ役で出演することも話題となりました。 和田:美の塊みたいな存在ですもんね。初の女性キャストですが、気負わずに、素敵な女性像を作ってくださることを楽しみにしています。 僕が注目しているのは、地蔵行平(じぞうゆきひら)役の星元裕月くんですね。ゲームのストーリーでも目立つキャラクターだったので、どういう方が演じるんだろうと思っていたら、すごく柔和な感じの方がいらっしゃって。ハマったら大化けする役だなと密かに注目してます。 梅津:僕はやっぱり、歌仙兼定との絡みが楽しみですね。細川ガラシャのいる時代ということは、絶対(細川家の刀剣だった)歌仙兼定が何かにぶつかるじゃないですか。「慈伝」でやんわり諭された側の山姥切長義が、今度は歌仙兼定を支えたり、一緒に戦ったりできるのであれば、こんなにアツい展開はないと思います。 僕自身、『慈伝』の頃よりは心に余裕ができましたが、緊張が途切れることでいままで保てていたクオリテイーすら保てなくなってしまう恐怖感がある。そういう意味では、今回も緊張感を忘れず、戦い続けながらも心に余裕を持てたらいいなという感じです。 ――どのような物語が描かれるのか、楽しみにしています。最後に、意気込みを教えてください! 梅津:「シリーズの勢いを、ここで止めるわけにはいかない」という思いはみんな同じですから、僕もその力添えをしたいと思っています。 今回はさまざまな困難を乗り越えて、ようやく“科白劇”という形で上演できることになりました。僕らやスタッフさんだけでなく、観劇してくださる方々の頑張りも、全てが報われる舞台になればいいなと思っています。 和田:新たな舞台『刀剣乱舞』の魅力をお届けできるように、そして僕たちも新しいものを再発見できるように、探求心を持って臨みます。タイトルに“灯”とある通り、消えかけた灯を僕らでもう一回つけ直して、次につなげていきたいです。 今回は地方公演も中止になってしまったので、また地方の方々にも刀剣男士の姿をお見せできるように、頑張っていきたいと思います。(ザテレビジョン)

【関連記事】