Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

扇久保と朝倉海がバンタム級王座決定戦。浅倉カンナは初の年下・古瀬を迎撃【RIZIN】

配信

TOKYO HEADLINE WEB

 RIZINが7月9日、都内で会見を開き8月9、10日に神奈川・横浜のぴあアリーナMMで開催される「RIZIN.22」と「RIZIN.23」の第1弾対戦カードを発表した。 マネル・ケイプが朝倉海にTKO勝ちでバンタム級王座獲得【12・31 RIZIN】  RIZINは新型コロナウイルスの影響で4月の横浜、以降に予定されていた仙台大会ら計3大会を中止。長く大会を開けない状況となっていたが、6日に会見を行い、8月に2大会を行うことを発表していた。  この日は合わせて8カードを発表。2日目(10日)のメインでマネル・ケイプがUFCに戦場を移したことから空位となったバンタム級の王者決定戦として扇久保博正(パラエストラ松戸)vs朝倉海(トライフォース赤坂)の一戦が行われる。  朝倉は「大晦日ぶりの試合ですが、前回の試合からたくさんのことを学んで強くなって帰ってきた。タイトルマッチということで、今後のRIZINのために絶対に俺が勝たないといけない。確実に勝って、俺がRIZINを引っ張っていく」とベルト奪取はもちろん、エースの座をも手中に収める決意を見せた。  扇久保は「今までいろんなことがあって、やっとたどり着けた感じ。最高の試合を見せたい。朝倉選手を倒したい」と大一番への思いを語ると「海選手、いい試合をしましょう」と呼びかけた。

NY帰りの井上直樹「今は練習はできている」

 バンタム級ではタイトル戦の他に2試合がマッチメイク。9日には2月の浜松大会でRIZIN初参戦を果たした元UFCファイターの井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム柔術)と渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)が対戦する。  渡部はFighting NEXUSバンタム級王者で父に修斗初代ウェルター級王者の渡部優一を持つグラップラー。  渡部は「対戦相手の井上選手は凄く強い相手ですが、自分はマジカルチョークがあるのでしっかり極めて、勝って、自分の実力をRIZINのリングで証明したい。そして帰りに横浜のおいしいスイーツを食べて帰りたい」とひょうひょうとしたコメント。  対する井上は「ニューヨークから3カ月ぶりにRIZINのために帰ってきた。今回RIZINを開催してくださった関係者の方にとても感謝しています。そして今、コロナや九州の大雨で苦しんでいる人たちに少しでも勇気を与えられるような試合をしたい」と挨拶。  井上が拠点を置くニューヨーク州は新型コロナにおいては米国においても最も甚大な被害を受けている地域。  井上は「ニューヨークは本当にすごい数の感染者数で、亡くなった方もいた。外には買い物に行く以外は自宅待機だった。練習も家の中でしかやれない状況だった。日本に帰ってきて、もちろん緊急事態宣言下で制限はされていたが、今は練習はできているので、今はチャンスだなと思っている。(帰ってきて)もしかして皆さんにうつしてしまうかもしれないということもあったので、ほっとするということはなかった。でもしっかり2週間、自宅で待機して経過措置を行ってきた。それからしっかり練習もしてきたので、準備はできている」などと話した。

【関連記事】