Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マツコが持つ「説得力」の源泉、高校生で知った「攻撃される美学」 ナンシー関と重なる「諦め」の視点

配信

withnews

ORICON NEWSが10代から50代の男女1000人に調査した『好きな“芸能界のご意見番”ランキング』で、2019年に続いて二連覇を達成したマツコ・デラックス。その人気は衰えるところを知らない。現在、8本のレギュラー番組を抱える売れっ子のマツコだが、なぜここまで求められ続けるのか。これまでの半生をたどる際にあらわれる人物が、コラムニスト・ナンシー関だ。2人の生い立ち、そして「伝説の対談」とも言える記事から、マツコのその源泉を探る。(ライター・鈴木旭) 【画像】あり得ないスリーショット、マツコ・デラックスの隣に孫正義社長と豊田章男社長

高校3年生で女装するように

マツコ・デラックスの独特の立ち位置は、幼少期の頃からすでに確立されている。 ゲームやファミコンに熱中している子どもたちを見て、マツコは“子供だな”と冷めた視線を送っていた。当時から話術にはたけており、優等生もやんちゃな子も、こぞってマツコに集まってきた。ただ、肝心のマツコ自身の心は満たされず、不登校になったこともあるという。 思春期の頃になると、マツコは「女性になりたいわけではなく、女装がしたい」というような自分自身の複雑な気持ちに気づき、思い悩むようになる。 資生堂のPR誌「花椿」を見て、はっきりとメイクや服飾の世界に興味があると認識した。「もうこうなったら、なるようになれ!」と意を決し、女装するようになったのは地元・千葉県の高校に通っていた頃のこと。高校3年の時には、コンビニのトイレで服を着替え、メイクを施し、倉庫街のクラブ「芝浦GOLD」に足を運ぶようになった。(上記はすべて『デラックスじゃない』(双葉社)より)

編集者を経て2年の引きこもり生活

高校の同級生に、元SMAPの木村拓哉がいたというのも因果なものだ。2015年11月に放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、木村自身がマツコと同じ高校に1年間通っていたことを明かしている。思春期の多感な時期に、男性アイドル、しかも後々国民的スターになるような人間がいた、という環境は、マツコでなくとも影響は大きいだろう。 高校卒業後、マツコは美容学校に進学。卒業後、一度は美容職に就くも、なにか違うと感じていた。そんな時、テレビに映るゲイ・アクティビストの姿を目撃する。これをきっかけとして、ゲイ雑誌「バディ」の編集部でアルバイトすることになった。 その後、同誌の記者・編集者として5年ほど勤めるも、人間関係を理由に退社。以降2年間、実家へ戻り引きこもり生活を送った。高校の同級生60人以上に電話し、仕事や学歴などを比べて「誰が一番不幸か」を確認して自らを傷つけるようなこともした。(ウェブ版NEWポストセブン「マツコ 引きこもり時代に同級生の「幸せランキング」作る」より) そんな自暴自棄な生活を続けていたところ、ついには実家からも追い出されてしまった。

【関連記事】