Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルノーF1、レーシングポイントに対して3度目の抗議。第5戦の開催前に調査結果を発表か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 ルノーF1は中団におけるライバルであるレーシングポイントに対し、2020年シーズンにおいて3回目の抗議を行った。 【写真】2020年F1イギリスGP レーシングポイントから代役参戦したニコ・ヒュルケンベルグ  レーシングポイントの2020年型マシン『RP20』に関して、ルノーは具体的にブレーキダクトを標的にしており、FIAがメルセデスのコピーマシンの合法性について決定的な裁定を行うことを望んでいる。  ルノーは第2戦シュタイアーマルクGPおよび第3戦ハンガリーGP後にスチュワードに抗議しており、第4戦イギリスGP後にも同様に抗議。彼らはレーシングポイントとFIAを相手取って訴訟を起こしており、今週末の第5戦70周年記念GP前の水曜日に調査結果から裁定が下される予定だ。  しかしレーシングポイントのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、ルノーの抗議に反論している。 「我々はこの件について数週間作業をしてきた」とグリーンは語った。 「週末にいくつか書類がFIAへ送られた。そして我々の答弁が数日前にスチュワードに送られた」 「弁護士たちが先週くらいから集中的に取り組んでいる」 「この件は却下されるべきだと考えている。レギュレーションはかなり明確だと思う。それに我々はレギュレーションがそうであるようにこの件をかなり明確にしてきた」 「我々がすべてをレギュレーションの範囲内で行ったことが分かる。だから抗議に答えなければならないようなケースではないと思う」 [オートスポーツweb ]

【関連記事】