Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゴルフ女子がシャフトフィッティングを受けてみたら……オススメされたのはシャフトじゃなくて“練習器具”だった!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

スウィングによって合う・合わないが存在し、自分に合うものを使うことで様々なメリットが受けられるのがシャフト選びの醍醐味。それを手助けしてくれるのが“シャフトフィッティング”だ。ゴルフ記者・S子が初めて体験してみたら……意外な結果になった!?

シャフトフィッティング初体験! フジクラゴルフクラブ相談室に行ってきた

こんにちは、ゴルフ記者・S子です。 みなさんは「シャフトフィッティング」って受けたことはありますか? 自分のスウィングに合うシャフトを専門家に選んでもらえば、きっとドライバーショットの飛距離や安定感が増すに違いありませんよね。 S子は受けたことがなくて、一度受けたいな~と思っていたんです。すると、多くのプロが使用する「スピーダー」などで有名なシャフトメーカーのフジクラさんからお声掛けいただいて、シャフトフィッティングを体験させてもらえることになりました!嬉しすぎる! ゴルフ記者になって良かった……。 ということで今回はS子のシャフトフィッティング初体験の模様をお伝えしたいと思います! ドキドキしながら向かったのは、東京・木場にあるフジクラさんのフィッティングルーム「フジクラゴルフクラブ相談室 木場店」です。到着し、問診票にゴルフ歴や平均スコアなど基本的な情報を記入している間に、使用しているクラブのバランスや総重量、硬さ、シャフトの長さなどを計測してくれるみたいです。自分が使っているクラブのデータって意外と知らなかったりするので、これは嬉しいですよね。 さて、診断票に記入が終われば次は“診察”ですよね。今日S子のフィッティングを担当してくださるのはフジクラの小倉健太さん。小倉さんに、まずは自分自身のドライバーの悩みをお伝えするところから、フィッティングスタートです。 S子の悩みはズバリ飛距離不足。普通に当たって180ヤード、当たりが悪いと160ヤードくらい……という飛ばない系女子なんです(涙)。これだとセカンドがなにを打っても届かない!

【関連記事】