Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三吉彩花&阿部純子、“何でも話せる関係性”が映画に反映 普段から仕事の悩みなど相談する間柄

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 東京・中目黒でルームシェアをする小春と彩乃という2人の女性を主人公に、仕事・妊娠・家族と向き合う姿を描く映画『Daughters』(9月18日公開)。イベントデザイナーとして働き、彩乃を支える小春は映画『ダンスウィズミー』『犬鳴村』で主演を務めた三吉彩花、シングルマザーとして子どもを産むことを決意する彩乃は『461個のおべんとう』『罪の声』と出演作の公開が続く阿部純子が演じる。2人が小春と彩乃の関係性をどう見ているのか、またライフステージとともに変化する友人関係への感じ方について話を聞いた。 【インタビュー別カット】ため息が出るほど美しい!阿部純子&三吉彩花の決め顔ショット ――おふたりには小春と彩乃の関係はどう映りましたか? 【三吉】すごくいいなって感じました。最初に台本を読んだ段階ではどういう距離感で、どういう2人なのか、あんまり想像できていなかったんです。ですが妊娠・出産といういう大きな出来事とそれを小春がそばで支えること、お互いがお互いに感じる不安やむしゃくしゃする気持ち、最終的に2人が赤ちゃんを一緒に育ててたくましく未来に向かっていくのは、演じていくうちにとてもリアルだなって感じました。 もちろん親友としての形は最初からあったと思いますが、2人の価値観や物事の捉え方がどんどん変わっていく。ですが寄り添っていることには変わりはないのだと、私には映りました。 【阿部】友情関係って時間によってどんどん変わっていくものですし、私もこれまで女性同士の友情が深まっていくこともあれば、遠ざかっていくこともありました。彩乃と小春はどんどん深まっていって、ふたりでひとりの赤ちゃんを育てようって未来に向かって歩き出すのは、見ていて心強いなって思いました。ただ、まだ私はこの作品を客観的に観られなくて。小春のシーンはすごく安心して観られるけど、自分のシーンはそう観られないんです(笑)。 ――親友同士という役の関係性はどのように作っていったのでしょうか? 【三吉】撮影が始まる前に小春と彩乃が住むアパートでお昼ご飯を食べたり、話をしたり、1日ゴロゴロして過ごす時間があって。それが大きかったと思います。 【阿部】三吉ちゃんだからこそ話しやすかったし、居心地がよかったので、その関係が映画にも反映されているかなって思います。 ――実際のお二人の関係性は? 【阿部】三吉ちゃんにはなんでも話せます。特に仕事のことは悩んだらすぐに話したくなる。きっとこの作品が終わったあとも相談するんだろうなって勝手に思っています。 【三吉】私の方が年下ですけど、たくさん相談してくれたり、話をすごく聞いてくれました。そういう存在はなかなかたくさんは巡り会えないですし、撮影を通じて純ちゃんの人間性を知ることができたので、この作品に出会えてよかったなと思いました。 【阿部】そうですね、私もそう思います。 ――昨年の3月・6月・10月と三回に分けて約8ヶ月の撮影が行われましたが、このように長い期間同じ役を演じることはあまりないと思います。間があいて、役が抜けることなどはありませんでしたか? 【三吉】全然なかったですね。 【阿部】撮影が終わるたびに三吉ちゃんの髪色が変わって、それを見ると別の現場に行って帰ってきているんだなって感じていました(笑)。 【三吉】そうね(笑)。でも常に連絡は取り合っていたよね。 【阿部】うん、関係性は変わらなかったよね。

【関連記事】