Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

猫の毛艶が明らかに悪い時の「原因」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねこのきもち WEB MAGAZINE

愛猫を近くで見たり、撫でてあげたときに、「うちのコ、毛艶が悪い気がする」と感じることがあるかもしれません。猫の毛艶が悪いときに、どんな原因が考えられるのか…ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します!

猫の毛艶が悪くなる原因とは?

まず「猫の毛艶が悪い」といったときには、毛がガサガサしている感じがあったり、見た目や触った感じが艶がないという状態のことをいいます。猫の毛艶が悪くなってしまう原因としては、以下のようなことが考えられるでしょう。摂取する栄養が足りていない栄養に偏りがある栄養が体からでていってしまっている栄養が過度に消費されてしまっている

病気の可能性も…?

幼猫であれば、病気ではなくごはんが足りていないことや、消化管内寄生虫がいる可能性などが疑われるでしょう。老猫であれば、慢性腎障害などの病気の可能性もあるかもしれません。ただ、特定の病気で毛艶が悪くなるわけではないので、艶が悪い状態を見て何かの病気を特定することはできません。

猫の毛艶が明らかに悪い場合は、動物病院を受診しよう

猫の毛艶が明らかに悪くて気になる場合、まずは動物病院で診察を受けることが大切です。診察を受けることで、なんらかの病気が発見されるかもしれません。毛艶が悪いからよくしたいと、飼い主さんがお手入れをしてあげようと思うかもしれませんが、栄養面の問題の可能性もあるため、獣医師に相談のうえ適切な対応をしてあげましょう。 (監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師) 取材・文/sorami

ねこのきもちWeb編集室

【関連記事】