Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サムスン・ヒュンダイ…日本を模倣した2大企業は日本に依存し、韓国経済を支える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

東芝は世界の最先端だった大分工場にサムスン側を迎えた後に…

 そこでサムスンは、東芝の半導体事業本部長をはじめとする幹部を建設中の工場に招待し、VIP扱いで歓待した。歓待には歓待で応えるのが礼儀である。  東芝は招待の見返りに、世界の最先端だった大分工場にサムスン側を迎えた。工場を見学する機会を得たサムスンは、工場をベンチマークし、さらに大分工場の幹部をヘッドハントして、大分工場と同等設備を持つ半導体工場を作り上げる。  東芝やマイクロンなど上位企業は主軸を収益性の高い次世代メモリに移していたが、サムスンは品薄状態が生じていた旧世代メモリに注力した。この選択が事業規模の拡大につながり、1993年にはDRAM市場で東芝を抜いて世界シェア1位に躍り出たのである。  半導体事業を主導した三男の李健煕(イ・ゴンヒ)氏は、グループの2代目会長に就任。長男の李孟熙(イ・メンヒ)氏が牽引していた砂糖事業は、1993年にサムスングループを離脱して第一製糖グループを結成。サムスンと法的な関係が終了した後、CJ財閥を編成した。

 半導体で利益を得たサムスンは、家電にも本格的に進出した。日本はバブルが崩壊した直後で、多くの企業がリストラを進めていた。東芝、松下電器、三洋電機、シャープ、NECなど、大手家電メーカーのリストラにあった技術者を高給で迎え入れ、最新技術を得ていく。  いまでこそサムスンは、世界トップクラスの資金をR&D(研究開発)に注ぎ込んでいるが、韓国企業は通常、時間をかけてR&Dを行うことを好まず、1日でも早い成果を要求する。日本メーカー出身者を獲得しつつ、新たに開発するより実績ある日本メーカーの素材や部品を使うほうが早く結果を出しやすい。  だから、日本企業から素材や部品を購入し、必要なときに必要な分を購入するオンデマンドが求められる部材は、日本企業と合弁工場を建設していく。

不買を言う前にギャラクシーを処分すべきという声が出たほど

 サムスンのギャラクシー携帯は中身の70~80%以上が日本メーカー製といわれている。昨年の日本製品不買運動でも、不買を言う前にギャラクシーを処分すべき、という声が出たほど、サムスンは日本に依存している。  サムスンの創業家は日本生活の経験者が多く、日本に太いパイプを持つ。創業者の李秉喆氏と2代目の李健煕会長は早稲田大学、サムスン電子現副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)氏は慶應義塾大学大学院で学び、新世界百貨店の李明熙(イ・ミョンヒ)会長も日本で過ごした経験があるなど、日本と積極的にかかわってきた。  半導体で成功したサムスンは自動車産業にも進出。1994年に日産の技術支援を受けて、98年、日産・セフィーロと瓜二つの外観を持つSM5の販売にこぎつけた。しかし、アジア通貨危機の余波で、販売開始から1年半後の2000年に経営が破綻し、三星(サムスン)自動車は日産を買収したルノーの傘下に入った。  2005年に販売を開始した2代目SM5は日産・ティアナと似た外観で、11年に発売した3代目はルノー車がベースになったが、一部モデルは日産子会社のジヤトコ製エンジンを搭載しており、韓国車のなかで最も信頼性が高いとルノーサムスン自動車の営業社員は自慢する。  輸出車はルノー、韓国内はルノーサムスンのブランド名で販売しているが、2020年から順次、22年までにルノーブランドに統一される予定だ。

【関連記事】