Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サムスン・ヒュンダイ…日本を模倣した2大企業は日本に依存し、韓国経済を支える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

主力事業は食品と衣料で、主要な役員は砂糖と繊維を得意としていた

 韓国を代表する2大企業のひとつ、サムスングループの19年度の売上は韓国GDPの約19・4%を占め、もうひとつの現代自グループは同じく11・5%を占めた。両社なしには韓国は成り立たないというわけだが、そこには2社が日本を模倣し、日本に依存する現実がある。サムスンのギャラクシー携帯は、中身の70~80%以上が日本メーカー製といわれている。昨年の日本製品不買運動でも、不買を言う前にギャラクシーを処分すべき、という声が出たほどだった。改めて、韓国の模倣文化を浮き彫りにする。  ***

 これまで、韓国が模倣した日本製品や日本の商標を取り上げてきたが、最大の模倣企業はサムスンかもしれない。  2019年、サムスン電子は半導体メーカー別売上高ランキングで米インテルに1位の座を明け渡したが、サムスンの半導体事業の8割を占めるメモリは世界市場で4割のシェアを持ち、ギャラクシーはスマートフォン市場で1位のシェアを誇る。韓国を代表する企業の半導体と家電事業は、日本を模倣してはじまった。  サムスンの創業は1938年に李秉喆(イ・ビョンチョル)氏が設立した三星商会である。李秉喆氏は早稲田大学を中退して友人と協同精米事業をはじめたが失敗し、三星商会を設立して魚や麻、木綿の販売を開始した。1951年には貿易会社の三星物産を設立した。  1953年に第一製糖、54年に第一毛織を設立し、60年代に入ると旧三越百貨店京城店から改称した新世界百貨店を傘下に加え、食品と衣服を中心に事業を展開した。  1969年から70年には、三洋電機やNECと合弁企業を設立して白物家電やテレビの販売を開始したが、家電のノウハウを持つことはほとんどなかった。  その李秉喆氏は1983年、半導体事業に進出すると宣言。主力事業は食品と衣料で、主要な役員は砂糖と繊維を得意としていたのに……。半導体は門外漢だが、韓国企業でトップの命令は絶対である。役員たちは諾々として受け入れるほかなかった。  手はじめに日本から半導体の輸入を開始し、1986年、砂糖で得た資金を背景に半導体工場の建設に着手。1977年に韓国半導体を買収していたが、ノウハウは皆無に近かった。

【関連記事】