Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「何度観ても興奮する!」「ガッキーのトライ!最高!」語り継がれる名シーン!ラグビー協会が公開したW杯の“オフロードパス3連発“に再脚光

配信

THE DIGEST

 昨年のラグビーワールドカップで日本代表が魅せた伝説のトライが再脚光を浴びている。 【PHOTO】日本 28-21 スコットランド|悲願成就!史上初のW杯8強入りの“感動“をフォトでもう一度!  4月12日、日本ラグビーフットボール協会がツイッターを更新。スコットランド戦での見事なトライシーンを公開した。覚えている方も多いだろう。堀江翔太の突破を皮切りに、ジェームス・ムーア、ウィリアム・トゥポウと3連続でオフロードパスをつなぎ、最後は稲垣啓太がゴールポストの真下に飛び込んだあの名シーンだ。稲垣が「プロセスが素晴らしかった」と自賛した代表初トライで勢い付いた日本は、その後スコットランドを28対21で下し、プール戦全勝で史上初のW杯ベスト8入りを果たしている。  この投稿を見たファンは、当時の熱狂が蘇ってきたようで、「何度観ても興奮する!!」「無数にある歴代テストマッチにおけるトライの中でも三本の指に美しいトライ。ラグビーがこの世にある限り永遠に語り継がれるはず」「オフロードパスからの、ガッキーのトライ!最高!」「体にエネルギーが染み渡ります!最高です!日本がこんなに称賛されていたなんて 英語実況、いいですね」などと興奮のコメントが殺到した。  現在は新型コロナウイルスの感染拡大のため、トップリーグが中止になり、6、7月に予定されていたウェールズ、イングランドとの代表戦も開催の可否が案じられている。不安が先行する状況ではあるが、日本中が熱狂した昨年のW杯の名シーンは、ファンを勇気づけるものになったようだ。 構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】