Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

実家を相続したくても姉2人への「代償金」が払えない。解決策は生命保険

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

相続の場において、親の自宅を相続したい人が、ほかの相続人にお金を分配する…というケースがよく見られます。 今回は、数万円程度の「ハンコ代」ではまとまらず、法定相続分をベースとする「代償金」の話に展開する場合について。相続の問題に詳しい司法書士の鈴木敏起さんに、50代の茂木美樹さん(仮名)という方を事例にして聞いてみました。

相続が多すぎる場合は、ほかの相続人に「代償金」を払う。遺言があれば「遺留分対応資金」として少額に

美樹さんは、母名義の自宅に母と同居しています。母が亡くなった後も美樹さんは自宅に住み続けたく、遺産分割協議の進め方について、事前にS司法書士の事務所に相談をしに行きました。 美樹さんには姉が2人いて、どちらも近所に住み、母の生活のフォローをしてくれています。姉はどちらも結婚しており、子どもがお金のかかる時期であり、もし今、母が亡くなった場合には、母の相続財産を当てにする可能性がありました。 美樹さんは、自分は母と同居し最も母の介護負担を負うことになるのだから、いわゆる「ハンコ代」として数万円のお礼をすれば、姉2人からハンコをもらえるはずだとタカをくくっていましたが、S司法書士との面談では、法定相続分をベースとする「代償金」に話が展開する可能性も十分にありうるということで、さらに詳しく聞きました。

●ハンコ代よりも一般的な「代償金」とは?

代償金とは、もらいすぎの相続人が、ほかの相続人の取得分を補填するために支払い、バランスをとるためのお金です。主に遺産分割協議の際に登場する解決金です(遺言にも登場する場合があります)。 美樹さんの事例においては、母の自宅が約3000万円相当。預金が現在600万円で相続財産全体が3600万円。法定相続分は長女・二女・美樹さん各3分の1で、各1200万円ずつ取得する権利があります。 美樹さんが自宅を相続したい場合、自らの法定相続分1200万円を超える1800万円は「もらいすぎ」となるので、代償金として姉二人に900万円ずつ支払う必要があります。 美樹さん 自宅3000万円 - 1800万円(代償金の支払い) = 1200万円 長女 預金 300万円 + 900万円(代償金の受取り) = 1200万円 二女 預金 300万円 + 900万円(代償金の受取り) = 1200万円 相続による財産取得への想いは、故人の(とくに晩年の)生活に対する、相続人それぞれの貢献度と比例することがあります。『私はこれだけ尽くしたのだから』という想いが、相応の財産の分配にあずかって当然だ、という気持ちを生み、いわゆる「ハンコ代」ではなく、当然に「代償金」を主張するケースが増えています。

【関連記事】