Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MOSHIMO ライヴレポート】『MOSHIMO ONEMAN LIVE「噛みしめる」サイバーステージ編』2020年8月16日 at 配信ライヴ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
OKMusic

※セットリストを含む楽曲レポートを掲載しています。これからアーカイブでご視聴される方はご注意下さい。 MOSHIMO 配信ライヴのその他の写真  MOSHIMOが168日振りのライヴを無観客生配信で開催! 4月から予定していたアルバム『噛む』のリリースツアー『NEW ALBUM「噛む」RELEASE ONEMAN TOUR「噛みしめる」』がコロナ禍の状況を受けて中止となり、今回はタイトルを“MOSHIMO ONEMAN LIVE「噛みしめる」サイバーステージ編”に改めて溌剌としたステージを観せてくれた。  MOSHIMOは本公演の当日までに全5回にわたるスタジオライヴ映像を配信しており、彼らの久々にライヴができる嬉しさは事前にしっかりと視聴者に伝わっていたが、そんな前予習も吹っ飛ぶくらいの勢いでインスト曲と1曲目の「猫かぶる」を投下。岩淵紗貴(Vo&Gu)の満面の笑みが弾け、頭を揺さぶりながら気合いの入りまくった一夜が幕を開ける。  「釣った魚にエサやれ」では岩淵と一瀬貴之(Gu)によるお決まりのかけ合いで、“彼氏ができないのコロナのせいにしてんじゃねえぞ!”と暴露されたり、コメント欄に《ソーラン ソーラン》のコーラスが続々と書き込まれるなど、配信ライヴだからこそ観られた場面も。他でもMCで4人の近況報告をし合って現状を笑いに変えていたが、そもそも中止になってしまったツアーにはバンドの目標のひとつだったZepp DiverCity Tokyo公演も含まれていて、メンバーはたくさん悔しい想いをしているはず。そんな中でも“ライヴを楽しむこと”をモチベーションにして、少し冗談を交えながらも、いつも通りにアクセル全開の姿が観れていることを嬉しく思った。  多くは語らずとも、悔しさ、やりきれない想いを抱えながら“音楽を届けたい”という姿勢は感じられた。甘い恋を歌った「圧倒的少女マンガストーリー」から「ヤダヤダ」では気荒らしい攻撃的なロックサウンドを響かせ、リズム隊が出す疾走感と、煽るようなギターフレーズがライヴの高揚感をどんどん掻き立てていく。そして、バラード曲「誓いのキス、タバコの匂い」を切なくも力強く届けるのだった。  「もっと」の出だしで“もっと自分らしく、自分が満足するように、可愛らしくいられるように生きていきたいよね”と話していた岩淵。その彼女の自分自身を大事にするスタンスこそがこのバンドの強みにつながっていると思う。“クソくらえ!”というくらいに気持ちを奮い立たせ、これまでにも何度も逆境に立ち向かってきたMOSHIMOだからこそ、きっと今回も大丈夫だと確信する気持ちがあった。   後半に差しかかると、岩淵がハンドマイクに持ち替えて躍動感たっぷりにアッパーな「バンドマン」「電光石火ジェラシー」「命短し恋せよ乙女」を立て続けに披露。曲の途中では告知していた重大発表として、兼ねてよりサポートとして参加していた汐碇真也(Ba)と髙島一航(Dr)の正式加入を発表! “たくさん苦しいことがあるけど、この4人でどんどん波に乗って風に乗って乗り越えていきたいと思います。前に進めないみんなを私はいつまでも引っ張っていける人間でありたいって思うし、愛情とエネルギーを循環させられる人間でありたいから、みんなついて来てね”と岩淵がコメントし、予想外なことがたくさん起きる中でやっと開催できた配信ライヴだったが、最後は全員で肩を組み、4人の新体制で新たなスタートを切っていく喜びを噛みしめながらステージをあとにした。 ※配信ライヴのアーカイブ映像は、8月23日(月)23:59までThumvaで公開中! 撮影:かわどう /取材:千々和香苗 セットリスト 1.猫かぶる 2.釣った魚にエサやれ 3.圧倒的少女マンガストーリー 4.ヤダヤダ 5.誓いのキス、タバコの匂い 6.もっと 7.バンドマン 8.電光石火ジェラシー 9.命短し恋せよ乙女 <ENCORE> 触らぬキミに祟りなし(ギフティング購入者限定特典映像)

OKMusic編集部

最終更新:
OKMusic