Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【京成杯AH】スマイルカナが鼻差2着惜敗 柴田大「差が差だけに悔しい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 ◆第65回京成杯AH・G3(9月13日、中山・芝1600メートル、良)  サマーマイルシリーズ最終戦は16頭立てで争われ、4番人気のトロワゼトワル(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が横山典弘騎手を背に、ゴール前3頭の争いを制し、昨年に続く連覇を飾った。また、サマーマイルシリーズも逆転でチャンピオンに輝いた。勝ち時計は、1分33秒9だった。  3番人気のスマイルカナ(柴田大知騎手)が鼻差の2着に続き、13番人気のボンセルヴィーソ(木幡巧也騎手)がさらに鼻差の3着だった。  柴田大騎手(スマイルカナ=2着)「内だったら楽だったが、大外だったので…。2コーナーからロスなく前に入れたが…。差が差だけに悔しい。でも、力はつけている」

報知新聞社

【関連記事】