Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メンズメイクの第一人者・手塚拓海氏が提唱するメンズメイクとは?「イケメンスイッチを押せば、男は必ずカッコ良くなれる!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

街中のドラッグストアに男性化粧品が並び、男性ファッション誌には当たり前のようにメンズ美容のページが掲載される。いまや美容に興味を持ち、そしてメイクをする男性は増えるばかりだ。 【画像】イケメン製作所の明るい店内 7月6日発売の『週刊プレイボーイ29号』では「メンズメイクでできる男になる」のタイトルでメンズメイクを特集。メンズメイク専門サロン「イケメン製作所」の代表者にして、メンズメイクの第一人者である手塚拓海氏の監修のもと、火災報知器、パニーニと言った人気芸人をモデルに、自分でできるメンズメイクのテクニックを掲載している。 手塚氏に、メンズメイクの現状やその特徴、また手塚氏自身が思う男性メイクの世界についてなどを聞いた。 *** ――ズバリ、男性メイクってどうなんでしょうか? ドラッグストアに行くと男性用化粧品が売っているなど、以前より身近になってる気がするんですが。 手塚 御認識の通り、メンズ美容の市場は確実に大きくなっています。イケメン製作所は2017年9月にオープンしましたが、おかげさまで売上は右肩上がりです。現在、お客様の数はリピーターのお客様を含め、月間のべ2000~2500人。土日はありがたいことにキャンセル待ち状態です。さらにコロナ禍以降はお客さんが増えましたね。 ――コロナ禍以降に? ずっと人と会うこともなかったし、むしろ見栄えなどどうでもよくなった気もするけど......。 手塚 私たちも当初は同じように予測していました。ところが実際にはメンズメイクをされるお客様の数が増えた。そこで尋ねたところ、意外な答えが帰ってきたのです。「ZOOMなどリモート会議で自分の顔を見て、これはなんとかしなくちゃ」と思われたそうです。実際、ご自分でメイクが出来るようになるためのメイクレッスンの申し込みも急増しています。 ――お客さんはビジネスマンが多いんですか? 手塚 メインは20代後半から30代半ばのビジネスマンです。でもお客様の層は幅広く、80代のアクティブシニアから、中学生までご来店されます(笑)。ご来店される理由も就活や営業、そしてYouTubeなどの仕事関係が約半分。あとはデートやお見合いなどプライベートの利用です。

【関連記事】