Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人工呼吸器をつけた政治家が当選確実! 国会はどう変わる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

日本の政治史上、難病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)で人工呼吸器をつけた政治家が初めて誕生することが確実になった。 NHKなどが報じた。 れいわ新選組の比例代表の「特定枠1」に名前を連ねていた舩後靖彦(ふなごやすひこ)氏。車いすに乗り、生活の全てに介助が必要な人が政治家になることで、国会はどう変わるのだろうか? 参議院事務局や支援者たちに話を伺った。 【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

人工呼吸器と胃ろうをつけ、生活の全てに介助が必要

舩後さんは1999年夏、41歳の時に箸などがうまくつかめなくなる症状を発症し、翌年ALSという診断を受けた。ALSは全身の筋肉を動かす神経が侵され、意識ははっきりしたまま全身が動かなくなっていく難病だ。 2002年には気管切開をして人工呼吸器をつけ、胃ろうも造設した。声を発することができないため、現在は歯でかむセンサーでパソコンを操作しながら、意思疎通をはかっている。 車いすを使い、外出時には看護師かヘルパーらが同行している。 そんな身体状況で政治活動を行うために、何が必要なのだろうか?

国会の本会議場、委員会室 建物はバリアフリー?

車いすで移動している舩後さん。まず、国会の本会議場、委員会室、議員会館など、政治家の職場は車いす対応がなされているのだろうか? 答えてくれたのは、参議院広報課課長補佐の小野弘二さんだ。 「建物のバリアフリーについては、車いす対応は整備されています。議員会館から国会議事堂、委員会庁舎の行き来は、一部遠回りするところはありますが、通常の車いすでは問題なく通行できるようになっています。車いす対応のトイレもあります」 過去には参議院・衆議院で28年国会議員を務め、郵政大臣に就任したこともある八代英太氏も車いすで政治活動を行なっていた。 強度の弱視で参議院で初めて白杖を使いながら2期務めた堀利和氏もいる(衆議院では目が見えない高木正年氏が初)。 この車いすや白杖を使う場合、俗に「携杖許可」と呼ばれる許可を議長に得る必要がある。 「当選した議員には、様々な手続きを説明しますが、その中で『携杖許可』申請を出してもらう必要があることも伝えます。その後にご本人から申請いただいて、手続きすることになります」 ただ、垂直に座る通常の車いすをこれまでは想定しているが、舩後さんはリクライニング型の縦に長い車いすを使っており、本会議場の議員の席に入るサイズかどうかはわからない。 さらに、7、8段の小さな階段が国会内の様々な場所にあり、通常、車いすの人が通る場合は昇降機を使っているが、舩後さんの車いすには人工呼吸器やバッテリーなどが積まれており、重さがそれに耐えられるかはわからない。 本会議場の議員が座る席には電源もなく、人工呼吸器を使用する議員の場合、バッテリーだけしか使えないようにするのか、電源を確保する配慮をするのかも注目される。 「想定外でわからないことは、まずご本人の要望をお聞きし、議院運営委員会にはかった上で、議長の許可を得ながらそれなりの対応を図ることになると思います」と小野さんは言う。

【関連記事】