Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】歴史に刻まれる《世紀の逆転劇》。若者は美しく、そして残酷に、異次元の走りで全てを奪い取る「これがレース。僕らはみんな勝つために走っている」(ポガチャル) / 第20ステージ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

それは衝撃以上のなにかだった。現象か。怪物か。32.6kmの登坂タイムトライアルを、まるで火球のように駆け抜けて、57秒差をひっくり返した。もしかしたらこれをカニバルと呼ぶのかもしれない。かつてエディ・メルクスがほしいままにした恐るべき別名。3つ目の区間勝利に、総合優勝マイヨ・ジョーヌ、山岳賞マイヨ・ア・ポワ・ルージュ、新人賞マイヨ・ブランを手に、21歳最後の日、タデイ・ポガチャルは2020年ツール・ド・フランス王者として首都へ凱旋する。

「信じられない。想像さえしなかった。今朝は総合2位に満足していて、その地位を守ることを目標に走ったのに。ただ今日はすごく調子が良かった。おかげで今、僕は、こうしてマイヨ・ジョーヌを着ている。最高に嬉しい」(ポガチャル)

大多数の選手にとって、平均勾配8.5%・最大勾配20%の山道の果てには、笑顔があった。約1時間の孤独な努力の終わりは、3週間の長き戦いを無事に生き延びたことを意味するからだ。たとえばサム・ベネットの不安は、幸いにも杞憂に過ぎなかった。制限時間より3分59秒も早く、余裕を持って山頂へとたどり着いた。これで24時間後には、連日こつこつとポイントを収集し、守り続けてきたマイヨ・ヴェール姿で、正々堂々と最後のスプリントへ挑むことができる。

そのサム・ベネットのチームメートのレミ・カヴァニャが、この日の前半戦でベストタイムを叩きだした。すでに前日ひとり逃げでたっぷりペダルを回し、ウォーミングアップは万全。6日後の世界選手権個人TTで「優勝が夢だけど、現実目標はトップ5入り」を目指すフランスTTチャンピオンは、長時間にわたってホットシートを温め続けた。

約3時間後に新たにトップに立ったのがワウト・ファンアールトであり、トム・デュムランだ。プリモシュ・ログリッチを支えるユンボ・ヴィスマのメンバーとして、平地でも山地でもほぼ完璧な仕事を遂行してきた2人は、3週間の疲れをまるで感じさせない好走を披露する。特に3年前の世界選TTでやはり「前半は平地、後半は上り」というコースを制したデュムランは、プランシュ・デ・ベルフィーユのてっぺんでも、57分16秒30で暫定首位に立つ。最後から4番目に出走したリッチー・ポートをもコンマ58秒で退け、2018年第20ステージ以来の区間勝利も当然のように期待された。

【関連記事】