Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スマホとコンソールで「真・三國無双」シリーズの新作が発表【TGS2020】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日経クロストレンド

 「東京ゲームショウ2020オンライン」(TGS2020 ONLINE)で、2020年9月27日に配信された「コーエーテクモゲームス『真・三國無双』20周年記念番組」。世界中のファン注目の中、シリーズ20周年の歴史を振り返った後、スマホアプリ「真・三國無双」、シリーズ最新作「真・三國無双Empire8」を発表した。 【関連画像】シリーズの歴史を年表で紹介するコーナーも。2000年を皮切りに、たくさんのシリーズ作が発売されていることが分かる  「コーエーテクモゲームス『真・三國無双』20周年記念番組」は、TGS2020 ONLINE公式MCの田口尚平氏、「真・三國無双」シリーズプロデューサーの鈴木亮浩氏、ファミ通グループ代表の林克彦氏の3人が、シリーズの過去と未来を見せてくれる充実した番組となった。  番組冒頭には、2000年からスタートした「真・三國無双」シリーズの歴史をたどるムービーやシリーズ20年の歩みを示す年表が登場。MCの田口氏が「ぼくは『2』からはまった」と語ると、林氏は「ファミ通で紹介したときは、こんなに小さい記事だった」と20年前のゲーム雑誌の誌面を紹介。シリーズ1作目ではディレクターを担当していたという鈴木氏は「20周年はあっという間だった」と振り返り、20周年の重さをかみ締めていた。  その後は、ユーザーから画面写真を募集した「写真で語ろう! 心に残るあのシーン」というコーナーがスタート。シリーズ1作目から最新作まで、多くのユーザーが撮影したゲーム内の画面写真の中から5つの優秀賞、そして最優秀賞が選ばれた。過去のゲーム機での画面写真を撮影するのは簡単ではないはずだが、それでも多くのファンが素晴らしい写真を応募したことからも、シリーズの根強い人気が感じられるコーナーとなった。  また、ファミ通ドットコムで募集した質問に鈴木氏さんに答えてもらうコーナーでは、「真・三國無双」シリーズの800曲もの楽曲の一斉配信が始まっていること、『真・三國無双8』で採用されたトリガーフロートシステムが好評だったので、今後も従来のシステムと組み合わせて新システムを考えようとしていることなど、今後のシリーズの展開を予想させる言葉が鈴木氏の口から発せられた。

【関連記事】