Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レバノン大規模爆発~背景にある政治指導層の無策

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

悪化した経済にコロナ、そして今回の事件~政治家が無能だという国民のやるせなさ

飯田)レバノンの政情なのですけれども、6日の国際面などを読むと、不安定さに拍車がかかるというようなことが書いてありますが、実際はどうなのですか? 高橋)それは各紙指摘の通りで、そもそも経済が悪い。そこにコロナがやって来て、ますます悪くなる。そのなかでこの事件ですよ。経済が悪いということで、政治指導層に対する国民の抗議運動が高まっていたのですが、ここでまたかと。やはり政治家が無能なのだという、レバノンの人もやりきれない気持ちだと思いますね。 飯田)我々素人は中東というと、宗派対立が各国であるようなイメージがありますが、レバノンという国はどうですか? 高橋)まさにキリスト教徒、イスラム教徒などが、18くらいの宗派に分かれていて、それぞれのコミュニティが力を持っています。ですから力の強い中央集権国家というより、幕末の江戸幕府のようなもので、江戸には将軍様がいるけれど、薩摩もいれば長州もいるというような形です。悪いことに、それぞれが外国と結びつき、イスラエルやイラン、シリア、トルコなどの影響力が入って来て、各国の草刈り場になっているような状況ですね。 飯田)なるほど。爆発直後にイスラエルが「やっていない」という声明を発表したのは、そういうところがあるわけですか。 高橋)そうですね。これまでにイスラエルは何度も爆撃をしているし、暗殺もしています。いろいろなことをしているので、まずみんなが思ったのは、こんな大規模なことをやるのはイスラエルだと、イスラエルの方を向いたのですが、イスラエルは「うちではないよ」と。 飯田)スタジオには、ジャーナリストの鈴木哲夫さんもいらっしゃいます。

政権交代ではなく、システムを取り替えて政治指導層に辞めて欲しい~誰がやるのかのシナリオが見えない

鈴木)おはようございます。いまの政権は持ちますか? 難民問題を抱えていて、そこへコロナもあった。そして、このようなことが起こってしまった。先ほど伺いましたが、なぜこのような危険なものを置いていたのかという、政権への批判もあります。この間、政権が変わったけれど、それもいつまで持つのかという感じがありますが、どうなのでしょうか? 高橋)国民としては、政権が代わって欲しいということですが、次に出て来そうな顔ぶれを見ても、同じ人がぐるぐると椅子取りゲームをやっているような状況です。ですから国民としては、政権交代というよりシステムを取り替えて、政治指導層みんなに辞めて欲しいと思っているのですが、では誰がやるのかというシナリオが見えない。不満は高まっているけれど、そこからどうやって出て行くのかが見えないというところが、レバノン人の悩みでしょうね。

【関連記事】