Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人気声優・寺島拓篤「“ハッピーな連鎖”が続くと本当に嬉しい」ラジオ冠番組最終回にファンに伝えた想い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

声優・アーティストとして活躍する寺島拓篤が、3月までの期間限定パーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER~寺島拓篤の勝手にASSEMBLE~」。3月31日(火)の最終回は、番組終了を惜しむメールを紹介。寺島が今この時期だからこそ伝えたいメッセージとエールを贈りました。

寺島が所属する音楽レーベル・ランティスの20周年を、GRANRODEO、OLDCODEX、スフィア、寺島拓篤、所属アーティスト4組が1年間かけてお祝いをしてきた「THE QUARTER」もいよいよこの日が最終回。3ヵ月間、「寺島拓篤の勝手にASSEMBLE」を愛してくれたリスナーからも、たくさんのメールが届きました。 この日、最初のお便りは、「9月に出産を控え、寺島さんと寺島さんが演じられているキャラクターたちに元気をいただきながら頑張ります!」と、女性リスナーからメッセージをいただきました。 「“お体を大切に!”というのは、僕よりそちらですからね!」と笑う寺島は、担当ヘアメイクさんが、数ヵ月前に2人目のお子さんが生まれたばかり。「人の子どもながら、親心が芽生えています(笑)。これから大変だと思いますが、お子さんのために元気でいてください。そのために、僕らもお仕事頑を張りますので!」と、エールを贈りました。 続いては、5年一貫教育の看護学校を、今年卒業された方から。「2月に国家試験と准看護師試験を終えました。つらい日々もありましたが、寺島さんのアルバムやライブで励ましてもらいながら頑張ることができました。努力の甲斐もあって、(学校を)首席で卒業し、答辞を読ませていただきました」と、優秀な成績で卒業を迎えた喜びを伝えてくれました。 「こういうメッセージも、季節柄ですよね」という寺島は、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが主催した「リモート卒業式」の動画を観たそうで、 「どんな形であれ、“人の門出を祝う”ということは大事なこと。僕は、卒業式や入学式の記憶は、はっきり言ってまったくないんですけど(笑)、それでも人生に1度のことなので、こういった形でフォローして動くって、すごい。時代を作っていくのは、どんなときでも“若者たち”だと思うんですよ。その土台を支えるのが、大人たちの仕事。前の時代を生きた人が、次の時代のために支えていくのは、すごく素敵なこと」と感動を覚えたそうです。 そして、「僕らがやっているエンタメ業界というのは、究極を言うと、なくても困らない。でも、あると人が元気になれるんです。文化もそこから発展していったと思う。そんななかで、我々のエンタメができることは、心や気持ちを元気にしてあげること。それぐらいしか、世のなかに一役買うことができないんです。僕自身、仕事を楽しくやっていますし、楽しいと思っている仕事で、誰かがまた楽しいと思ってくれる“ハッピーな連鎖”が続くと本当に嬉しい。 たくさんの人々の門出に、祝福の言葉を贈りたいと思います。これから待っている未来では、学校で勉強した以上のいろいろなことが待ち構えていると思いますが、日々勉強です。ご自身の立たれる場所で、毎日勉強しながら、一歩一歩、前に進んで、素敵な大人になっていってください。応援しています!」 最後のお便りは、最終回に初めてメールを送ったという方から。番組終了を悲しむ声とともに、「時間は“メグルモノ”なので、どうしても終わりがきてしまいます。でも、このラジオが終わると、ライブツアーという新たな始まりが待っていますね、頑張ってください!」と期待の声も届きました。 そんなファンの皆さんに、今、エンタメ業界が置かれている状況も含め、率直な想いを語ってくれました。 「2ヵ月後に予定しているライブツアー……あけすけに言っちゃいますけど、やれるかどうかは正直、分からないじゃないですか。エンタメ以外でも、いろいろなところで戦っている状態ですよね。だからこそ、良い時期がきてくれたらいいなと思いますし、ライブツアーもできたらいいなと思います。 僕自身が関わっている作品のイベントやライブも中止になってしまいましたが……僕らや皆さんだけじゃなく、作っているスタッフの皆さんも、ライブやイベントをやりたい気持ちは一緒なんです。だからこそ中止にしたくない思いで、すごく頑張っているんです。つらい思いをしているのはみんな一緒。そうなってしまったものはしょうがないから、新しい希望を見つけようとすることが大事なのかな、と僕は思います」 もちろん、全国ツアーについては「やりたい! という気持ちはずっと持ち続けています」という寺島。「やれる! となったときのために、今のうちに頑張っておく。やれなかったら別のことをする、別のことでみんなに楽しいことを提供する。上へ上へ向かっていく明るい気持ち、ポジティブな気持ちで、みんなと接していけたらいいなと思います。まだまだ調整は大変だと思いますけど、みんな1人ひとり頑張っていきましょう!」と元気な声を届けました。 (TOKYO FM「THE QUARTER~寺島拓篤の勝手にASSEMBLE~」2020年3月31日(火)放送より)

【関連記事】