Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【解説あり】湯浅政明監督作品、あなたはどれが一番好き?

配信

ねとらぼ

 テレビアニメ、アニメ映画など多くの作品で迫力のある映像を生み出し、ファンを魅了し続けてきた湯浅政明さん。その印象的な作品はアニメファンだけでなく、見た人すべての記憶に焼き付くと思います。リアルをデフォルメする天才ですよね。 【画像:湯浅政明監督作品】  劇場版「クレヨンしんちゃん」の設定なども多く担当しているので、映画クレしんといえば湯浅さん! という印象の人も多いのではないでしょうか?  「ケモノヅメ」や「カイバ」など、アニメ制作会社・マッドハウスと共同で原作を担い、監督を務めファンの心をつかみ、「四畳半神話大系」や「ピンポン THE ANIMATION」など、有名作品のアニメ化も担当。最近では大童澄瞳さん原作のテレビアニメ「映像研には手を出すな!」も話題となりました。あと、「アドベンチャー・タイム」を制作したと知った時は衝撃でした……。  近年では劇場アニメでも多く活躍しており、「夜明け告げるルーのうた」や「きみと、波にのれたら」で多くの映画賞を受賞している、世界から注目されているアニメーション監督の1人です。2021年に公開予定の「犬王」や、夏からNetflixで配信予定の「日本沈没2020」も楽しみすぎる!  ねとらぼ調査隊では、「湯浅政明監督作品、あなたは一番好きなのは?」というアンケートを実施します。今回は編集部がピックアップした作品を対象にアンケートを実施しますが、これが好き! という作品がありましたら「その他」に投票していただき、コメント欄に作品名をお願いいたします!  作品ごとの色が強いけれど、でもなんか癖になる、そんな湯浅監督作品から一番好きなものを選ぶのは難しいと思いますが、ぜひご協力をお願いいたします。  それでは、アンケート対象となっている湯浅政明監督作品を紹介していきます。

●マインド・ゲーム

 2004年に公開された湯浅さんの初監督作品であり、初長編アニメーション作品でもあります。ロビン西さんによる漫画『マインド・ゲーム』が原作となっており、主人公の西はお笑い芸人の今田耕司さんが声を務め、その他にも多くのお笑い芸人が声優を務めている作品です。アニメーションと実写の融合が特徴的な作品です。

【関連記事】