Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フランシスコ教皇を待ち受ける試練 カトリック教会、分裂の瀬戸際か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 昨年11月に来日したローマ教皇フランシスコは、その振る舞いと力強いメッセージの両面で、多くの日本人に強い印象を残した。その教皇、バチカンに戻ると厳しい日々が待ち受けていたと言う。2000年続くカトリック世界の大転換を掲げ、教会改革に挑む教皇に、教義に厳格な一部の超保守派が公然と批判の声を上げ始めたのだ。一方、教皇に近いリベラル派には改革が中途半端に映る。この状況に「カトリック世界が『大分裂』の一歩手前」とかき立てるメディアも現れた。13億人の信者を抱えるカトリックの総本山で何が起きているのだろうか。(文明論考家、元駐バチカン大使=上野景文)  ▽異常事態  「私の告発に答えようとしない教皇の姿勢は、彼の掲げる透明性に著しく矛盾する」  2018年9月、バチカンの元駐米大使カルロ・ビガノ大司教は、カトリック聖職者による未成年者虐待を巡り、教皇の対応を批判する文書を発表。同8月には教皇に退位を迫る11ページに及ぶ告発文を公開していた。

 反発はビガノ師にとどまらない。2016年には離婚者の扱いを巡りバーク枢機卿ら3人が公然と反発。2017年2月には「あなたの慈悲の心はどこに」などと教皇を批判するポスターがローマ市内の各所に張り出されたのだ。今年に入ってからも、サラ枢機卿がベネディクト前教皇を取り込み、反教皇活動をする事案が明るみに出た。  こうした異例の事態に、国際メディアの中には、約500年前のルターの宗教改革になぞらえ「カトリック教会は『大分裂』の瀬戸際にある」と騒いだものすらあった。  一連の教皇批判の背景にあるのが、フランシスコ教皇が2013年の就任以来進めてきた教会改革だ。  ▽異色の教皇  7年前、世界の脚光を浴びて登場したホルヘ・ベルゴリオ改め、フランシスコ教皇は、バチカンの歴史に照らせば極めて「異例」な人物だ。教会改革の本質を理解するためには、教皇の異例性を三つの角度から押さえておく必要があろう。第一に、歴代教皇がほぼ全員欧州人だったのに対し、フランシスコ教皇は初の南米出身者。第二に、初のイエズス会出身者である点だ。同会特有の「フロンティア精神」を体現する人物で、清貧、質素、奉仕、自己犠牲を旨とし、バチカンの宮廷文化とは対極にいる。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS